僕とネットショッピング

食料品、日用品、大型家電まで、毎日なにかが家に届く生活をしています。

【レビュー】ジャパネットで東芝冷蔵庫「VEGETA」は本当に安いのか!?市販品との違いは?

ジャパネットの冷蔵庫セールの比較はこちら!

hardshopper.hatenablog.com

 

3連休だから来るかなーとは思っていましたが・・・

本当に来ましたジャパネットチャレンジデー。

 

ジャパネットで何かが起こる!!

f:id:hardshopper:20180714020137p:image

 

ジャパネットチャレンジデー

1日1商品限定 衝撃特価

f:id:hardshopper:20180714020149p:image

 

今日一日はジャパネット、この冷蔵庫だけを売り続けますよ。

次のチャレンジデーはエアコンだとばっかり思ってましたが・・・

 

今回のチャレンジデーは冷蔵庫でした!

f:id:hardshopper:20180714015828p:image

 

462L 大容量

f:id:hardshopper:20180714015841p:image

 

スリムなの大容量

f:id:hardshopper:20180714015751p:image

 

野菜室が真ん中

f:id:hardshopper:20180714015804p:image

 

もっと潤う摘みたて野菜室

f:id:hardshopper:20180714015813p:image

 

その名も、

TOSHIBA 冷凍冷蔵庫

VEGETA(べジータ)

<GR-469FD> 

f:id:hardshopper:20180714015758p:image

本日限り

送料無料!

さらに!!

設置費無料!!

f:id:hardshopper:20180714015835p:image

不要な冷蔵庫を

30,000円で下取り!

本日限り!!

25,000円引き!

 

チャレンジデー特別価格

本日限り!!134,800円

f:id:hardshopper:20180714015821p:image 

うーん、畳み掛けるようなこのお得感。

やはり、チャレンジデーはジャパネットの気合が違いますね。

 

さて、今回もネット最安値と価格比較をしていきます。

 

 

まず、ジャパネットは消費税抜きの価格をアピールするので、

実際に支払う額は145,584円となります。

f:id:hardshopper:20180714021335p:image

 

さて、これを単純に比較できれば良いのですが、

この冷蔵庫ジャパネットオリジナルモデルです。

ジャパネットオリジナルモデルとは、ベースとなるモデルに機能を削ったりつけたりして新しい型番をつけて価格を比較させづらくしたモデルです(僕の解釈

 

つまり単純な価格比較はできません。

で、軽く調べると下記のモデルがベースモデルです。

 

東芝冷蔵庫

VEGETA(ベジータ)

FDシリーズ

<GR-M460FD> 

f:id:hardshopper:20180714015035p:plain

 

両開きシリーズの中ではもっともシンプルなモデルですね。

 

と、いうわけでいつものように価格.comをチェックです。

 

ぎゃぁ、、、3位までこの価格帯です。

価格.comは税込み価格で表示しています。

しかも1位に関しては設置まで無料でした。

f:id:hardshopper:20180714022358p:plain

 

念の為1位のショップで購入画面まで進んでみましたが、

やはり基本設置無料で下記の価格でした。 

139,400円(税込み、送料込み)

しかもここから-300円してくれるらしいです。

f:id:hardshopper:20180714015007p:plain

  

ジャパネット価格

145,584円

税込み、送料込み、設置費込

 

ネット最安値

139,400円

税込み、送料込み、設置費込

 

無念、、、ジャパネットチャレンジデーをもってしてもネット最安値には勝てないのか・・・

 

ジャパネットはサイトから買うと1000円分のクーポンもらえるそうですが、それでも価格差を埋められません。

f:id:hardshopper:20180714022832p:plain

 

またこのジャパネットオリジナルモデル、多分なんかベースモデルから機能がけずられている気がします。

 

ここジャパネットを見るときのコツなのですが、「ジャパネットオリジナルモデル」と書いてあるモデルで、「ジャパネットだけの〜!!」みたいなアピールが無いときは、

何らか機能を削ったり低コスト化させたりしてます。

 

東芝の公式サイト見て比較していると、下記の機能が違いました。

ベースモデルには「光触媒ルネキャット」が搭載されています。

光触媒で除菌、脱臭できるらしいです。

f:id:hardshopper:20180714015357p:plain

 

ジャパネットではこの紹介がまったくありませんでした。

そして、質問欄を見ると下記のようなことが書いてあります。

 

ニオイを抑える機能について

脱臭作用のある低温触媒を搭載しています。

f:id:hardshopper:20180714015332p:plain

 

低温触媒と光触媒、どちらが高機能なのかわかりませんが、あまりアピールをせずに質問欄に書くだけのところをみると、

おそらく低温触媒のほうが安価なんだと想像ができます。

 

これで価格も高いとなると、ジャパネットが完全に不利ですね。

 

 

うーん。

 

でも、ジャパネットはジャパネットです!

 

冷蔵庫を設置してもらうのって家にガッツリ上がってもらうわけで、よく知らないお店で買うのはやや不安だったりしますよね。

 

それに対してジャパネットはジャパネットです。

お客さんからも満足の声が続々届いてるわけです。

f:id:hardshopper:20180714023837p:plain

 

このくらいの価格差、機能差だったら、ジャパネットで安心感を買うっていう考え方の人もきっといるだろうな〜とは思ってます。

 

他のジャパネットの記事はこちら

hardshopper.hatenablog.com