僕とネットショッピング

食料品、日用品、大型家電まで、毎日なにかが家に届く生活をしています。

それでも僕はパクリ記事は書いてない

どうも、僕です。

 

前回の記事が思いのほか伸びて喜んでました。

hardshopper.hatenablog.com

 

が、

 

あれ?って思うブコメがついてました。

しかも人気コメントの2位、3位です。

f:id:hardshopper:20180316013938p:plain

パクリかな?

 パクリ元の記事のほうが文章しっかりして読みやすかった

 

文才があるとは思ってないので読みにくいって批判は仕方ないとして・・・

 

パクリ!? 

 

しかも、これが人気のコメントってことは、読んでる人の多くが僕の記事をパクリ記事って思ったってことじゃないですか。

 

えーパクってない知らない。なにそれ。

 

他の記事見て貰えば分かると思いますが、僕は流行りにのることはあまりなく、流行りの記事をパクって書いたりしません。

そもそも、コロコロネタも旬は過ぎてましたよね。

 

僕はプロブロガーではないので記事をパクッてまでアクセスを伸ばしたりする必要はなく、基本的に自分の好きなことを書いてるつもりです。

 

あーいや・・・

ジャパネットの価格調査とかはもともと自分も好きだけど、読んでくれる人が多いのでちょっと多めにしちゃったりしてるかも。。。

 

でも、少なくとも今回のドラえもんの記事とかは、もう完全に自分の趣味で・・・

 

どちらかというと読んでもらえない系の記事だと思ってたですよ。

 

だからはてブ増えるのすごく喜んでたのに、すごく悲しい。

 

この記事を書いたのは、子供が車の中でブリキの迷宮のDVDを見ていたのがキッカケです。

車の後部モニターにしか映らないので映像は見られないので音だけ聞いてたわけですが、

 

  1. ふとナポギストラーってギスの部分はチンギスハンだなと気づく。
  2. チンギスハンって最近コロコロチンチンで話題になってたなと思い出す。
  3. あれ、ドラえもんも原作はコロコロじゃね?と気がつく。
  4. これは記事にしたいと考える。
  5. 一応ちゃんと読み直しとこうとKindleで原作を買って読み直す。
  6. なんか色々思うところがあり、これもまとめて記事にしよう、となる。

 

という感じですね。

 

つまりパクリ記事じゃありません。

 

 

とはいえ、いったいどんな記事のパクリって言われてるのか見てみました。

 

ch.nicovideo.jp

 

あー。

 

これは、パクリって言われても仕方ない。

 

いや、むしろパクったと言われることが光栄に感じるほどの

良い記事でした。

 

僕も本当にドラえもん映画が好きです。

 

ねじ巻き都市(藤子・F・不二雄先生最後の作品)までは、内容全て頭に入っていますし、原作がないパラレル西遊記以外は原作漫画もちゃんと読んでいます。

 

武田鉄矢が作詞してたころのドラえもんの映画の主題歌は全て歌えますし、一番見てた海底鬼岩城とかはセリフをほとんど全て暗記してます。(気持ち悪い)

 

そんな僕が言ってるので、間違いない。(偉そうに)

良い記事です。

 

ただ一点だけ気になったのは。

 

敵一覧の大魔境の項目がブルススになってるのはなんでなのか、、、

f:id:hardshopper:20180317022246j:image

 

ブルススは味方ですげーいいヤツですよ。

f:id:hardshopper:20180318125925j:image


クーデターも降参もしてないです。

命をかけてゲストキャラのペコを守ります。

 

名前的にはシーザーを殺したブルータスぽいので裏切りそうですけど裏切りません。(これにも深い訳があるのか勘ぐりたくなりますね)

 

いや、揚げ足とるわけじゃないです。

いずれにしてもいい記事です。

 

内容は基本的に僕の記事の後半とだいたい同じなのですが、僕よりも文章が丁寧で読みやすいですし考察も深いです。(ブコメの通り。むしろ僕のは考察と呼べるほどのもんでもない。)

 

ただ内容が似てるというのはまぁある話で、僕の記事もそれだけならパクリとは言われてなかったかもしれません。

 

我ながら「ここまで似るか!?」って驚くポイントが2つありました。

 

1つはここ。

 

ポルポトか何かですかね。

 

こちらパクリ元と言われる記事のブリーキン公爵に対してのコメントですが。

 

下記は僕の記事。

 

f:id:hardshopper:20180318024010j:image

 

ポルポトという独裁者のチョイスから、「なにかか」という表現までそのままです。

(今読み返すと、僕の「つっこみたくなります」とかはとても稚拙で恥ずかしいですね、、、)

 

ポルポトは資本主義を憎み文明の利器を嫌ったため農業などを原始的な方法にさせた、という話は比較的メジャーだと思うので、ここでヒトラーに対してポルポトをチョイスするのは自然かなとは思ってます。

 

しかし、表現まで似すぎてます。

 

これは、パクりに見えます。

正直、自分で書いた記事でなかったらパクりだと思うと思います。

 

そして極め付けがこれ。

 

f:id:hardshopper:20180318024813j:image

 

僕の記事も、パクり元と言われた記事もこの台詞で締められています。

 

おそらく画像も全く同じです。

 

僕はGoogle画像検索で拾ったのですが、同じように画像検索されたのかもしれません。

 

これはパクりに見えます。

 

と、いうかこの記事を読んでも、いやパクりだろって思う方は多いかなと思います。

 

僕も信じてもらうのは諦めてます。

 

ここまで似ると無理でしょう。

自分で驚くレベルです。

 

ただひとつだけ弁解させてもらうなら、

 

この台詞はドラえもん好きな人には超有名です。

 

ガンダムを知ってる人なら通常の3倍のスピードで動くものをみたら、

「シャア専用かよ!」

ってなると思いますが、その感覚です。

 

ドラえもんで戦争の名言と言えば、

 

これか、

f:id:hardshopper:20180318024813j:image

 

多分これです。

f:id:hardshopper:20180318025900j:image

 

ためしに「ドラえもん 名言」で検索したら、一番上にヒットしたまとめ記事でこの画像が一番最初に出てきました。

【ドラえもん】名言・迷言・暴言集 (※キャラ別コマ画像有) - NAVER まとめ

 

まぁ、とはいえ。

 

最後にドラえもんの名言で締めるという点が一致しているわけで、これはパクりに見えます。

 

これで信じて!って言われても難しいのかなとは思いました。

 

いやネットすげーですね。

似てる記事があるのも驚きですが、よくそれを探してきた人もいたな、と。

 

 

が、僕はこれに懲りず今後も適当に記事を書いていくと思います。

 

多くの人に読まれる記事をなると、どうしてもネガティブなコメントも付きます。

 

前に伸びたこの記事とかでも、ねつ造って言う人もいましたし。

hardshopper.hatenablog.com

 

 

でもそれを気にしてたら、書きたいこと書けないですし。

 

たかがブログですけど、こっちも好きに書いてるわけで、誰にでも見えるところに文章を出すわけで、読んだ人にも好きに言う自由があると思います。

 

最後ですが、藤子・F・不二雄先生はエスパー魔美のお父さんを通してこんなことを言ってました。

 

f:id:hardshopper:20180318143856j:image

 

うーん、結局何が言いたいか分からない記事になっちゃったよ!