僕とネットショッピング

食料品、日用品、大型家電まで、毎日なにかが家に届く生活をしています。

 

【恐怖】無課金で遊べる「LIFTる。」高額ポイント当選で評判のたこ焼き沼に課金してしまった話

どうも、クレーンゲーム好きの僕です。

 

コロナ影響でゲームセンターに行く機会は減りましたが、代わりにスキマ時間にオンラインクレーンゲームを毎日チェックしてます。

 

トレバ、ネッチあたりから始まったオンラインクレーンゲームは群雄割拠の戦国時代を迎えています。

セガやバンダイナムコ、タイトーなどの大手も参入してかなりの数のアプリが存在します。

f:id:hardshopper:20200804023348j:image

 

で、その中でも今回レビューしたいのは、

LIFTる。

f:id:hardshopper:20200804023122j:image

c2.cir.io

 

いやぁ、だって本当に当たったんですよね。

777LP

f:id:hardshopper:20200802203235j:image

LIFTる。で遊んでみる。(初回は無料で何度か遊べます)

 

似たり寄ったりなオンラインクレーンゲームにおいて、このアプリが他と圧倒的に違うのはこのログインルーレットです。

f:id:hardshopper:20200805035603j:image

 

ちょっと前に追加されたこのルーレット機能なんですが、要はログボログインボーナスです。

 

まぁ無料でポイントが貰えるログボがあるのはどのアプリでも同じです。

f:id:hardshopper:20200804033752j:image
f:id:hardshopper:20200804033757j:image
f:id:hardshopper:20200804033754j:image

 

ただ、それは多くても20ptとか、下手すると5ptくらいしかもらえないため、無料でゲームができるのは月に1回か2回程度なのです。

 

それに対してこのLIFTる。は、固定のポイントではなくルーレットで貰えるポイントが決まるのです。

なので、当選したポイント数次第ではすぐにゲームを無課金で遊ぶことができます。

 

「そんなのなかなか当たらないだろ?」

って思いますよね。

 

ところが、実際に当たったんですよね。

で、思わずスクショを撮ったわけですけど。

f:id:hardshopper:20200804033953j:image

LIFTる。で遊んでみる。(初回は無料で何度か遊べます) 

 

で、結果としてどうなったかというと、、、

無課金を決め込んでいた僕が派手に課金しちゃったんですよね。

 

繰り返しますが…

777ポイント当たったせいで、課金しちゃったんです。

 

では、その一部始終をご覧ください。

 

 

評価とレビューは正しい?ポイント増やして無課金で攻略する!

 

このLIFTる。ですが、アプリの評価とレビューはあまり良くありません。

まぁこういうアプリなので景品を取れなかった人から低評価つけられてしまうこともあるでしょう。

 

「楽しめますよ!お金があれば」

なんて皮肉レビューがトップにきています。

f:id:hardshopper:20200805040636j:image

 

しかし、このレビューは正しくないはずです。

なぜなら僕は無料で777ポイントも獲得できていたからです。

 

さらに僕は無課金なりの攻略方法を考えていました。

この777ポイントを元手にしてポイントを増やすという作戦です。

 

777ポイントは777円相当ではありますが、多くのゲームが1プレイ200ポイントを超えるため、普通に使ってしまうとせいぜい3回しか遊べません。

 

またLIFTる。にはSwitchやPS4などの高額商品もありますが、これらは1プレイで3000ポイントという沼設定です。

777ポイントではそもそも遊ぶことができません。

f:id:hardshopper:20200805041619j:image

 

つまり、LIFTる。を満喫するためには、この手持ちのポイントをさらに増やす必要があります。

 

実はLIFTる。は無料で獲得したポイントを増やすことのできる数少ないオンラインクレーンゲームです。

 

どういうことかというと、

クレーンゲームでポイントを取ることができるのです。

1プレイ50ポイントで500ポイントを獲得できます。

f:id:hardshopper:20200805043129j:image

LIFTる。で遊んでみる。(初回は無料で何度か遊べます)

 

1プレイ50ポイントで500ポイント獲得できるのであれば、10回以内にで獲得することができれば損することはなく、運次第では全然増やすことができるはずです。

 

そしてなんと僕がプレイしたタイミングはキャンペーン中で、なんと50ポイントで600ポイント獲得できるようになっていました。

つまり12回以内に獲得できれば損はしないのです。

f:id:hardshopper:20200805043510j:image

 

対してたこ焼き穴の数は最大23個。

そして、少し様子を伺っていれば、他のプレイヤーの手によってどんどん穴は埋まっていきます。

f:id:hardshopper:20200805043842j:image

 

残り穴の数が10個程度になった時にプレイすれば、安全にポイントを増やすことができるはず!

 

なんて、考えていたわけです。

 

 

安全なギャンブルはない!課金した上にリアル景品が届かない虚しさ…

 

では、無課金でポイントを増やすはずだった僕のプレイをご覧ください。

 

・・・

 

デデーン…

f:id:hardshopper:20200802203222j:image

 

はい、僕は課金をしてしまいました。

600ポイントを獲得するために、それを大きく超える額を課金しました。

 

そして・・・

これでまだ獲得できていません。

赤い穴にはなにがなんでもピンポン玉が入りません。

f:id:hardshopper:20200806020654p:plain

 

僕がこうなってしまった心理をまとめておきます。

 

無課金の777ポイントを使い切ったあと …

あと少しで穴に入りそうなのにポイント使い切っちゃった。

ここでやめたら、せっかく獲得した777ポイントが無駄になるな。

よく考えたら777ポイント無料で獲得したんだから、1000円課金しても230円くらいの損にしかならないはず。

(1000円の課金は結局1000円です。しかしなぜか課金する1000円から脳内で777円分減算してしまいます)

 

↓ 

 

課金した1000円分のポイントを使い切ったあと…

ああ、本当にあと少しなのにポイントがなくなっちゃった。

ここでやめたら課金した1000円が無駄になる!あと少し課金して600ポイント獲得したら少しは損を減らすことができる!

(まさにサンクコストというやつです。さらに課金したらその分だけ損するはずなのに、なぜかそれに気がつけません)

 

↓ 

 

その後、数回の課金を繰り返したあと…

もう損してもいい!とにかく後ろに並んでるハイエナ達に得をさせるのはだけは腹立たしい!

意地でもとってやる!

(もう損得ですらありません。僕の後に予約しているハイエナどもに漁夫の利を与えたくないという気持ちと単純な意地だけが僕の獲得目的になっています)

 

欲しい景品があるわけでもない。

600円で買える「600ポイント」のために、無限に課金してしまう自分がそこにいました。

 

そして、幾度もの課金を繰り返し、とうとう赤い穴にピンポン球がハマりました。
f:id:hardshopper:20200802203217j:image

 

景品GET!

念願の600ポイントを獲得しました。
f:id:hardshopper:20200802203225j:image

LIFTる。で遊んでみる。(初回は無料で何度か遊べます) 

 

・・・なんという虚しさ。

 

せめてリアルに届く景品であれば、幾らかの慰めにもなったことでしょう。

しかし、僕が取った景品はただの600ポイント。

 

600円出せば買える600ポイントのために、僕はいくらでも課金してやるつもりになっていたのです。

 

もともとゲームセンターに行っても課金をあまりしない僕にとって、オンラインクレーンゲームは安全な場所から沼にハマる人々を堂々と見物できる場所。

 

まさに安全であることの愉悦を味わう場所のはずでした。

f:id:hardshopper:20200805050157j:image

ところが、うっかり手にした777ポイントのために、僕は安全な場所を自ら飛び出してあっちがわに行ってしまったようです。

 

まぁでもまだ良かったのかもしれません(僕は常にポジティブです

 

本当にSwitchなんかの高額景品に手を出せるくらい無料ポイントを増やせてしまっていたら、もっと大きな沼にハマっていたかもしれません。

 

みなさんも悪いこと言わないのでSwitchはおとなしくAmazonで買いましょ!

f:id:hardshopper:20200806022643p:plain

Nintendo Switch本体のAmazon価格をチェック!

 

それでも遊ぶって人はこちら

c2.cir.io

 

しかし、まさか自分でうっかりハマってしまうとは…

hardshopper.hatenablog.com