僕とネットショッピング

食料品、日用品、大型家電まで、毎日なにかが家に届く生活をしています。

 

【子育て】子供を信じてはダメ!高額請求の危険!小学生の娘にスマホ課金された体験談

どうも、2人の子供のいる僕です。

上は高1、下は小6というそこそこ大きな子供がいます。

 

僕はスマホやPCは早くから与えたい派で、2人とも小学校低学年の頃からマイPC、マイiPhoneを持ってます。

 

ただ僕はペアレンタルコントロールが嫌いです。

子供には「してはいけないこと」を教えていればちゃんも理解するはずで、システムでそれを制限する必要なんてないはずと思ってます。

システムで制限しないと勝手に課金する子供は、親の財布から勝手にお金を抜く子供です。

 

なので僕は課金の方法は教えますが、

「課金したらパパに教えてね!」

「高額な課金は事前に確認してね!」

というルールを設けており、それを小さいうちから教えています。

 

基本的にはこのルールは守られていました。

何年も勝手な課金でトラブルになることはありませんでした。

 

と、先日、娘が勝手に課金したのを見つけました。

Appleの課金は全てメールで通知がきます。

子供が課金したらすぐに分かるのです。

 

数百円の話なので事後確認でも一報あれば文句はなかったのですが、それすらなかったのと友達から買えと言われたとか小学生みたいな(小学生だけど)言い訳をし始めたので強めに警告しました。

f:id:hardshopper:20191227205909j:image

 

それ以降勝手な課金はありませんが、娘には少し気をつけないといけないなと思いました。

 

逆に息子は非常に律儀で、数百円でもちゃんと連絡をし続けてくれています。

f:id:hardshopper:20191227204359j:image

※エコーは娘がハマってるゲームの課金アイテムで、ボカシで消してるのは「俺はnot(娘の名前)」と返しています。

※猫缶は昔息子がハマっていたゲームの課金アイテム

 

それから1ヶ月ほど。

また娘がやらかしました。

 

 

娘が勝手に高額サブスクリプションに契約!無料期間は?解約方法は?

 

メールをチェックしていると、Appleからサブスクリプションの確認メールが届きました。

 

購入者は娘。

そして、なんと年額7900円という高額課金です。

f:id:hardshopper:20191227202048p:plain

 

1週間の無料期間があるので、その期間中に止めれば課金は発生しませんが、解約し忘れれば7900円の課金が発生します。

 

すぐにLINEでブチ切れます。

我が家のコミュニケーションはLINEが主体です。

f:id:hardshopper:20191227210620j:image

※アイラブハニーは嫁です。

 

まぁ多分そうだろうなと思ってましたが、案の定

「無料期間中(1週間)にやめるつもりだった。」

という回答でした。

 

考えると課金したら報告せよというルールなので、無料期間のあるサービスの契約を報告するというルールはありません。

なので、危ないので今後は伝えるように言ってこの件は終わりました。

 

終わったと思ってました。

このメッセージを信じて。

f:id:hardshopper:20191228044615j:image

 

 

それから数日後。

娘と食事中にその話題になりました。

 

僕「そういえばちゃんと解約できてる?」

 

娘「うん、アプリ消した」

 

。。。

 

え、、、アプリ消した?

ザワッとしました。

 

僕「ま、まさかだけど、アプリ消して解約した気になってないよな、、、」

 

娘「え、それじゃ駄目なの?」

 

子供を信頼しすぎた!!!

もう使いこなしてると信じ切っていました。

 

Appleのサブスクリプションはアプリを消しても解約にはなりません。

いやむしろ、こんな初歩的なことを懸念しない僕もどうかしていました。

 

確認すると案の定サブスクリプションは継続されていました。

無料期間終了まであと2日!

 

助かりました。。。

娘と一緒に食事する機会ってあんまりないですが、たまたまタイミングがあったことを神に感謝しましたよね。

 

すぐに解約しました。

 

流石の僕も焦ってて、その場面をスクショとるのは忘れてしまってましたが、Appleのサブスクリプションの解約方法は以下の通りです(以前の記事のコピペ)

 

まず、iPhoneの設定アプリを開いてください。

なお、僕のiPhoneの壁紙は嫁のおしりです。

f:id:hardshopper:20190903040122j:image

 

設定を開いたら、自分のApple IDを開きましょう。

f:id:hardshopper:20190903035933j:image

 

そしてiTunesとApp Storeを開きます。
f:id:hardshopper:20190903035921j:image

 

そこにあるApple IDを開きます。
f:id:hardshopper:20190903035924j:image

 

下記のメニューがポップアップされるので、Apple IDを表示 を選んでください。
f:id:hardshopper:20190903035927j:image

 

アカウント画面が開くので下にスクロールしてください。
f:id:hardshopper:20190903035940j:image

 

そして下の方にある サブクリプション を開きます。
f:id:hardshopper:20190903035930j:image

 

すると現在サブスクリプション(定期購読)しているアプリが表示されるので、解約したいアプリを選びます。
f:id:hardshopper:20190903035937j:image

 

サブスクリプションをキャンセルする で解約完了です。
f:id:hardshopper:20190903035917j:image

 

以上です。

 

まぁ覚えれば簡単なんですが、やや深いところに位置しているので知らない方も多い気がします。(様々なアプリで解約できないというクレーム的なレビューを見かけます)

 

 

さて、この件に関して言えることは、まず娘は悪くなかったと言えます。

・無料期間中の契約を僕に報告するというルールはなかった

・無料期間中に解約したつもりだった

・アプリを消してもサブスクリプションが解約になることは知らなかった

 

もちろんちゃんと読めばアプリを消しても解約にならないことは明記されていますが、そんなに細かいところまでちゃんと読むのは無理です。

僕だって「規約を確認して〜」って言われても全ての規約を読んだことはないです。

 

どちらかといえば、娘のリテラシーを信じ切っていた僕に非があります。

子供のリテラシーを信じてはダメです。

(タイトル回収)

 

 

ただ・・・

 

そんな心広いこといえるのは、

課金発生前に解約することができたからですw

 

僕は本当にプレイするゲームや、そのゲーム内で必要なアイテムに課金すること自体は問題はないと考えています。

多少高額の場合、「それがゲーム内でどんな意味があるのか?」みたいな面倒くさいことまで聞いちゃいますが、とはいえ基本的には許可します。

f:id:hardshopper:20191228052038p:plain

 

しかし、使いもしない(すぐに消せるような)アプリに対して7900円の課金は、

多分大分ムカついちゃったと思います(感情的

 

娘のことも責めたような気がします(多分グチグチ言う)し、おそらくなんとかして課金を無効にする方法を探した気がします

 

 

あれ・・・

それはそれでブログのネタに良かったんじゃないか?(ブログ脳)

 

 

息子に財布からお金を抜かれてブチ切れた話

hardshopper.hatenablog.com

 

娘に課金を許したら嫁に怒られた話

hardshopper.hatenablog.com