僕とネットショッピング

食料品、日用品、大型家電まで、毎日なにかが家に届く生活をしています。

 

2020年ジャパネット夏のエアコン祭りでダイキンのNシリーズは安いのか!?性能評価と価格比較してみた

どうも、ジャパネットマニアの僕です。

 

今年もジャパネット夏のエアコン祭りが始まってたので、またついつい本当に安いのか調べちゃったので記事にしておきます。

 

早速みていきましょう。

ジャパネット夏のエアコン祭り

f:id:hardshopper:20200607184403p:image

 

最新エアコンがいきなり安い!f:id:hardshopper:20200607184138p:image

 

ジャパネットは1年の1/3くらいずっとエアコンのセールしてますが、夏のエアコンセール前にやっているは型落ちエアコンの売り切りセールです。

なので、夏のエアコン祭りは基本的に最新モデルのセールとなります。

 

今回の商品はこちら。

 

ダイキン

エアコン Nシリーズ

<AJT22XNS>
f:id:hardshopper:20200607184425p:image

 

さて、ダイキンエアコンのラインナップをダイキンの公式サイトで見てみると分かりますが、

 

Nシリーズなんて存在しません。

 

f:id:hardshopper:20200608010448j:image

(ダイキン公式サイトのシリーズ比較一覧より)

 

はい、こちらNシリーズは、

ジャパネットオリジナルモデル

ですね。

 

ジャパネットオリジナルモデルとは、市販のベースモデルにオリジナルの機能をつけたり、逆に目立たない機能を省いたりして価格を抑えたりして少し変化を加えたモデルです。

 

ジャパネットでしか販売されてないやつなので、単純な価格比較がしづらいです。

むしろ単純な価格比較をさせないためにやってるものだと思ってます(個人の見解

 

ベースモデルとの価格比較は後ほどするとして、いったんこのエアコンの詳細を見ていきましょう。

 

 

【口コミ】ジャパネットのダイキンエアコン(AJT22XNS)の性能、評価は?ストリーマってなに?

 

前述の通り、夏のエアコン祭りは最新モデルのセールです。

 

このNシリーズ(AJT22XNS)も新商品です。
f:id:hardshopper:20200607184250p:image

 

さて、毎度ジャパネットがダイキンのエアコンを紹介するときに、特に念入りに紹介するのがこちら。

 

ストリーマです。

カビ・ダニ・花粉を酸化・分解してくれるらしいです。
f:id:hardshopper:20200607184102p:image

 

どういう仕組みかは分かりませんが、ダニの死骸とかまで分解しちゃうのです。
f:id:hardshopper:20200607184006p:image

 

ジャパネットが2、3年前からこのストリーマを紹介するときに使っている小道具がコチラ。

 

風船です。

ストリーマと書いてあるボードの付けられた針を持って...

f:id:hardshopper:20200607184154p:image

 

カビがパーンッ!
f:id:hardshopper:20200607184431p:image

 

ダニがパーンッ!!
f:id:hardshopper:20200607184113p:image

 

花粉がパーンッ!!!
f:id:hardshopper:20200607184225p:image

 

この分かりやすさ?がジャパネットイズムです。


そして、このエアコンはなんとストリーマの単独運転モードがついてます。

暑くも寒くもない時には、こちらを使って空気を綺麗にするわけです。
f:id:hardshopper:20200607184421p:image

 

なので一年中役に立つってわけです。f:id:hardshopper:20200607184329p:image

 

「一年中使ったら電気代が心配」って方もいますよね?

でも大丈夫、このダイキンのエアコンNシリーズは省エネなのです。

 

なんと13年前のエアコンと比べて、

年間 約4,266円お得!

f:id:hardshopper:20200609014948p:image

 

比較対象が13年前のエアコンという古さなのに、月間355.5円しか安くならないとは、省エネ性能の進化は限界まできている感がありますね。

 

あと、どういう計算か知りませんが「約」とか言いながら1円単位まで計算するところがジャパネットの几帳面さですね。(4300円お得!でも別に良さそう

 

と、思ったら、

10年使うと 約42660円お得!

とアバウトに10かけてきたりします。
f:id:hardshopper:20200609015013p:image

 

まぁ、でもそう言われると20年くらい使ったらペイするのかな?って思っちゃう消費者心理。

そんな消費者に対して畳み掛けるように紹介される満面の笑みの奥様の一言。

電気代は全然違いますよ
f:id:hardshopper:20200609014958p:image

 

安くなるんだと実感しました
f:id:hardshopper:20200609015008p:image

 

月間355円の違いを実感できる省エネ奥様。

電気代がコンスタントに3万を超える我が家にはこういう奥様が必要なのかもしれません。

 

というわけで、このエアコンの推しは下記の通り。

ストリーマ省エネ性能です。

f:id:hardshopper:20200607184255p:image

 

このNシリーズ(AJT22XNS)は、比較的安いタイプのエアコンですね。

フィルター自動お掃除もなく、高機能ではありません。

 

夏のエアコン祭り、フィルター自動お掃除機能付きモデルはこちら

hardshopper.hatenablog.com

 

では、そのまま価格をみていきましょう。

 

 

ジャパネットオリジナルのダイキンNシリーズAJT22XNSは安いのか!?

 

はい、価格はこちら。

税込109,800円
f:id:hardshopper:20200607184118p:image

 

ここでひとつ良い話。

 

ジャパネットは長らく税抜き価格表示でしたが、消費税が10%になったタイミングで税込価格表示に変更しました。

本来、消費増税となったら、売る側はむしろ税抜き価格表示に変えたくなりますよね。

それをあえて税込価格表示に変更したのです。

 

これは素直に良心的。

ジャパネットが顧客のことを大事にしていることが分かるエピソードでしょう。

 

さて、そんなジャパネット十八番の販売手法がこちら。

下取りです。

f:id:hardshopper:20200607184334p:image


なんとどんなエアコンでも20,000円で下取ってくれるわけです。
f:id:hardshopper:20200607184129p:image

 

ウチの13年前のエアコンが20,000円になるのー?

ってお得な気分になりますが、ジャパネットの価格は下取りありの価格が通常価格と思っておいた方が良いです。

 

というわけで、このエアコンの価格は!

税込89,800円!
f:id:hardshopper:20200607184037p:image

 

まぁこれでも6畳タイプのエアコン単体の価格としては、別に安くありません。

 

さらに、エアコンは取り付けたり取り外したりの工事費がかかります。

f:id:hardshopper:20200607184320p:image

 

ジャパネットの場合、

標準取付工事費: 13200円

取外し料金: 4950円

この価格はまぁだいたい相場ですね。

 

しかし、今回は、

取外し料金が無料!
f:id:hardshopper:20200607184048p:image

 

そして、

標準取付工事費が無料!
f:id:hardshopper:20200607184159p:image

 

つまり、工事費込みで、

税込89,800円なのです。
f:id:hardshopper:20200607184108p:image

 

もう一度、くりかえします。

 

13,200円の

標準取付工事費が無料!
f:id:hardshopper:20200607184133p:image

 

4950円の

取外し料金が無料!
f:id:hardshopper:20200607184343p:image

 

実はこれとは別にリサイクル料金がかかります。

ただ、これはどこで購入しても同じだけかかりますので気にしてもしょうがない。
f:id:hardshopper:20200607184348p:image

 

これで、税込89,800円です。

工事費込みで税込89800円。

これが安いのかどうかって話です。
f:id:hardshopper:20200607184052p:image

 

あ、いや待って。

ジャパネットは税込価格表示になりましたが、

送料は別です。

 

送料は3300円なので、つまり合計支払額は、

工事費込み、税込93,100円です!

もちろん下取りありの場合。

 

と、言うわけで、この価格が安いのかを調べていきましょう。

 

比較するのは、このジャパネットオリジナルのNシリーズのベースとなったモデル。

 

ダイキンエアコン 

Eシリーズです!

f:id:hardshopper:20200613231707j:image

※2020年モデル

 

しかし、このEシリーズ(2020年モデル)にもいくつか種類があるのです。

 

 

Eシリーズ量販店モデル(AN22XES)と住宅設備モデル(S22XTES)とジャパネットNシリーズの違いを比較する

 

さて、ジャパネットオリジナルのNシリーズのベースモデルはこちらのEシリーズです。

f:id:hardshopper:20200611022024j:image

ネット最安値だったノジマでの価格をチェック 

 

Eシリーズはダイキンエアコンの中で最も低価格なシンプルモデルです。

 

しかし、このEシリーズにも種類があります。

それは、販売ルートの違いです。

 

ダイキン公式サイトで掲載されているのはこちら。

 

ダイキン

エアコン Eシリーズ

住宅設備モデル

S22XTES

f:id:hardshopper:20200613232521j:image

 

ダイキンで型番がSから始まるのは、住宅設備モデルと呼ばれるものです。

 

住宅設備モデルと量販店モデルというのは他のメーカーのエアコンでも存在している場合がありますが、必ずしもどちらが良いということはありません。

 

ただ、ダイキンの場合は住宅設備モデルのほうが、機能がシンプルなようです。

その分、価格も非常に抑えめです。

価格.comで上位にあるのは、だいたいSから始まっていますね。

f:id:hardshopper:20200613232512j:image

最新のAmazon価格をチェック 

 

この住宅設備モデルとは比較しません。

なぜなら住宅設備モデルにはジャパネットイチオシのストリーマが搭載されていないからです。

 

ジャパネットがダイキンエアコンでイチオシなのはストリーマなので、それがないモデルとの比較はそもそも違うといえます。

 

 

では、ストリーマが搭載されているEシリーズは何かというとこちら。

 

ダイキン

エアコン Eシリーズ

量販店モデル

AN22XES

 

ダイキンで型番がANから始まるのは量販店で販売されているモデルです。

こちらは、ストリーマが搭載されています

 

というわけで、今回はこのAN22XESとジャパネットNシリーズの機能、性能、価格を比較します。

 

まず、機能的な違いを調べます。

違いを調べる時にオススメなのは公式サイトでダウンロードできる取扱説明書です。

ダイキンはジャパネットオリジナルモデルの説明書もネットでダウンロードできました。

 

取扱説明書で違いを調べる時に、一番分かりやすいのがリモコンです。

 

実際に比較してみましょう。

 

量販店モデルEシリーズ

(AN22XES)

f:id:hardshopper:20200611023259j:image

 

ジャパネットオリジナルモデルNシリーズ

(AJT22XNS)

f:id:hardshopper:20200611023255j:image

 

うーん、全く同じに見える。

利用者には見えない部分が違うのかもしれません。

 

次に見るべきは仕様です。

見た目が違えば重さや寸法が変わりますし、機能が違えば消費電力などが異なるはずです。

 

量販店モデルEシリーズ

(AN22XES)

f:id:hardshopper:20200611023305j:image

 

ジャパネットオリジナルモデルNシリーズ

(AJT22XNS)

f:id:hardshopper:20200611023302j:image

 

全く同じ、完全に一致です。

違いがあるとしても、これはもう本当に微々たる違いかもしれません。

 

と、いうわけで量販店モデルのAN22XESと

ジャパネットオリジナルのAJT22XNSは、

同じものとして価格比較します。

 

ただ、残念なことに市販品のAN22XESですが、まだ、価格.comに登録がありません。

f:id:hardshopper:20200611024612j:image

 

Googleで型番を検索すると、真っ先にヨドバシカメラが出てきました。

まず、ヨドバシカメラの価格比較してみます。

 

価格は税込98,990円。

10%ポイント還元があるので、実質価格は、

税込89,091円とします。

f:id:hardshopper:20200611024543j:image

 

さらにヨドバシカメラの場合、ジャパネットでは無料の工事費が別途かかります。

f:id:hardshopper:20200611024540j:image

 

そしてジャパネットとは異なりヨドバシカメラは送料は無料です。

 

つまり、ヨドバシカメラで購入した場合の価格は

工事費込み、税込104,271円

 

ジャパネットは93,100円だったので、ジャパネット の方が1万円以上安いですね。

 

なるほど、さすがジャパネット夏のエアコン祭り

セールしてないヨドバシカメラと比べたら大分良い感じですね。

 

もう少し調べるとノジマでも売ってました。

こちらは税込69,800円。

同じ商品で同じ家電量販店でも随分と価格が違いますよねぇ。

f:id:hardshopper:20200611031130j:image

 

ただ、取付工事費がヨドバシより高いです。

取付工事費込みで税込85,090円

f:id:hardshopper:20200611031417j:image

現在のノジマの価格を確認する 

 

ここに取り外し工事費も加わります。

調べるとノジマの取り外し工事費は6,600円。

f:id:hardshopper:20200611032739j:image

 

送料は無料なので、支払い合計は、

工事費込み、税込91,690円

 

ああ、少しジャパネットより安いですね。

ノジマで購入するならこちらから

 

このように家電の価格は販売店によって大きく変わります。

全ての商品でノジマが安いわけではなく商品によってやその時のセールによって異なります。

家電量販店の実店舗なら、ほかのお店の価格を見せながら交渉して安くすることもできますし、どこの量販店が一番安いとは言えません。

 

と、ジャパネットで値引き交渉はできませんが、多少価格が高くてもジャパネットがオススメできる理由があります。

 

それはジャパネットの安心感です。

メーカーサポートよりも手厚いカスタマーサポートや、工事に対する気配りもジャパネットならではでしょう。

f:id:hardshopper:20200614002741p:image

使い方が分からないなどの問いあわせもジャパネットなら快く受けてくれますし、受付時間がメーカーのコールセンターよりも長いのです。

 

この辺りも含めて、ジャパネットでの購入を検討したら良いと思います。

 

 

そろそろ今回の記事をまとめます。

 

下記のような方は、ジャパネットのダイキンエアコンNシリーズがオススメです!

  • ダイキンのストリーマに興味がある
  • 買うなら型落ちではなく最新モデルが良い
  • 価格が大きく違わないならジャパネットの安心感が欲しい

 

以上でした。

 

 

ちなみにこちらもAN22XESをベースモデルとしたモデル。

標準工事費込で79900円+楽天ポイントという破格なのでこちらもチェック。

 

 

 

夏のエアコン祭り、他の目玉商品はこちら

hardshopper.hatenablog.com


 

他のジャパネット記事はこちら

hardshopper.hatenablog.com