僕とネットショッピング

食料品、日用品、大型家電まで、毎日なにかが家に届く生活をしている僕のブログです。

 

【価格レビュー】ジャパネットで東芝エアコン大清快(RAS-G221RT)が買ドキセールでさらに安い!ネット最安値と比較した結果は?評判は?

どうも、そろそろ部屋のエアコンを買い替えたいの僕です。

 

今年もジャパネットの買ドキエアコンセールが始まりました。

 

去年発売された型落ちモデルを工事費込み、下取りで安く売るというジャパネットが毎年やっているセールです。

f:id:hardshopper:20210425185454j:image

 

ちなみに、このセールが終わった直後にはジャパネット夏のエアコン祭りが始まります(毎年恒例

f:id:hardshopper:20210425190610p:image

Amazonなら工事費込でこの価格 

 

今回紹介するエアコンは、この去年の夏のエアコン祭りで紹介されていたものです。

 

それから1年、今回の買ドキエアコンセールで価格が更に安くなったので、情報を追記させていただきました。

 

ジャパネットオリジナルモデル

東芝エアコン

大清快 G-RTシリーズ

<RAS-G221RT>

f:id:hardshopper:20210427011120j:image

 

 

去年の夏のエアコン祭り時の価格は97,800円

これで消費税、取付、取り外し工事費込みです。

f:id:hardshopper:20210427004634p:image

(去年のエアコン祭り時の価格)

 

送料は別に3300円かかります。

つまり送料も合わせると去年の価格は、

支払い総額:101,100円

f:id:hardshopper:20210427004639p:image

(去年のエアコン祭り時の価格)

 

そして1年…

 

型落ちとなったこのモデルは税込86,800円。

送料3960円と合わせた場合、

支払い総額:90,760円

と、なりました。

f:id:hardshopper:20210427004457p:image

Amazonなら工事費込でこの価格  

 

去年のセールから1年経って、

10,340円安くなってます。

 

このエアコンの詳細な性能は後述しますが、フィルター自動お掃除機能までついているモデルで90,000円は相場かなって気がします。

 

このRAS-G221RTを去年も比較した下記のモデルと比較します。

 

東芝エアコン

大清快 G-Rシリーズ

RAS-G221R

f:id:hardshopper:20210427011653j:image

 

 

 

ジャパネットモデルはG221RT

市販モデルはG221Rです。

 

ジャパネットのG-RTシリーズはジャパネットオリジナルモデルなので、完全な同じモデルとは比較できません。

ジャパネットオリジナルモデルとは、市販のベースモデルにジャパネット独自の機能をつけたり、逆に機能を削ったりしたモデルです。

 

なので、G-RTシリーズのベースモデルとなったG-Rシリーズと比較するわけです。

機能的な違いは後述されてるので、早速価格だけ比較します。

 

G-Rシリーズの、現在のネット最安値はこちらです。

税込52,219円

f:id:hardshopper:20210428070840j:image

Amazonなら工事費込でこの価格 

 

安い!!!

フィルター自動お掃除がついて、この価格まで下がっているとは。

 

なお、発売当初は下記の価格です。

一年でガッツリと下がりましたね。

f:id:hardshopper:20210427190055j:image

(去年の価格.com)

 

 

ただし、52,290円に送料は含まれていますが、

工事費は含まれていません!

 

ジャパネットは工事費も無料ですからね。

f:id:hardshopper:20210428065835j:image

 

さらに、ジャパネットの価格は下取り前提ですが、下取りすると取り外しも無料です。
f:id:hardshopper:20210427011834j:image

 

と、なるとネット最安値で購入した場合も、取付、取外し工事費を込みの価格で比較する必要があります。見てみましょう。

f:id:hardshopper:20210428070829j:image

Amazonなら工事費込でこの価格 

 

なんと。

市販品RAS-G221Rの工事費込みの支払い総額は、

ネット最安値:75,319円

 

安い…

ジャパネットよりも15,000円以上安い。

 

随分と差がでてますね。

 

気になる点として、ジャパネットもネット最安値でも、これとは別にリサイクル料金というのが取られますが、ネット最安値の店舗ではこれが8250円固定で取られそうです。

f:id:hardshopper:20210428071743j:image

 

対して、ジャパネットでは、最低2640円からで地域によって異なるという設定です。

f:id:hardshopper:20210428071815j:image

 

つまりリサイクル料金に関しては、最大で5000円以上ジャパネットが安くなる可能性がありますね。

 

しかし、それを加味してもジャパネットより10,000円以上安い

 

これは、ややジャパネットの分が悪いですね。

 

一応、市販品(RAS-G221R)とジャパネットオリジナルモデル(RAS-G221RT)では、機能に多少の違いがあります。

またインターネットで買うよりもジャパネットのサポートは手厚くなっています(いずれも後述)

 

その辺りも加味して判断する必要があると思うので、是非ともこのまま読み進めていただければと思います!

 

 

ジャパネット夏のエアコン祭りで東芝大清快は安いのか?ベースモデル(RAS-G221R)と完全比較

※2020年時点の内容です。価格は現在よりも高くなっていますが、ベースモデルとの違いはそのままですので参考にしていただけたら幸いです

 

どうも、ジャパネットが趣味の僕です。

 

ジャパネットでは1年のうち4ヶ月くらいエアコンセールをしています。

 

現在開催中なのはこれ。

ジャパネット

夏のエアコン祭り

f:id:hardshopper:20200708002448p:image

 

このセールの特徴は、最新エアコンがいきなり安いことです。

f:id:hardshopper:20200708002444p:image

 

直前まで型落ちエアコンが安い「買いどきセール」をやってたりしますが、終わった途端にこの夏のエアコン祭りが始まります。

 

そして、古いエアコンの高額下取りしてくれます。

価格のつかないような古いエアコンでも一律同じ価格で引き取ってくれるというものです。
f:id:hardshopper:20200708002502p:image

 

ただ、下取りはジャパネット得意の販売手法であって、お客さんの「まだ使えるから交換はもったいないな」という気持ちを払拭はさせるための演出です。

ジャパネットの商品は、下取りありの価格を販売価格と考えましょう。

 

そしてもうひとつ、取付工事費が無料です。

エアコンは自分で取り付けるのが難しく、専門家でもなければどこで購入しても取付工事費がかかります。

f:id:hardshopper:20200708002507p:image

 

ちなみに多くの人が買い替えだと思いますが、買い替えの場合は取り外し工事費もかかります。

本記事では、価格比較の際には取り付け、取り外しの工事費込みの価格で比較したいと思います。

 

では、商品を見ていきましょう。

 

 

【口コミ】ジャパネットオリジナルの東芝エアコン大清快<RAS-G221RT>の評価は?

 

今回の商品はこちら。

 

TOSHIBA

エアコン大清快

<RAS-G221RT>

f:id:hardshopper:20200714062944p:image

市販モデルはPayPayモールで79,800円

 

型番からして市販はされていないジャパネットオリジナルモデルです。

 

発売は2020年5月下旬。

ただし、ここでご注意なのは、この発売日というのはさほど商品の評価に影響しません。
f:id:hardshopper:20200708002550p:image

 

と、いうのもジャパネットオリジナルモデルでは、ベースとなるモデルからほとんど変更なく型番だけ変えて新商品として発売することがあるくらいです。

 

またエアコンはスマホなどと違って半年や一年新しいだけで性能が大きく変わることはないですからね。

発売日は関係なく、きちんと性能などを比較していきましょう。

 

と、いうわけで性能を見ていきます。

この大清快、冷房、暖房、除湿などの基本はもちろん
f:id:hardshopper:20200708002431p:image

 

空気清浄機能が付いています。

電気集じん方式「プラズマ空晴」
f:id:hardshopper:20200708002600p:image

 

PM2.5花粉タバコの煙ウイルスカビ菌

このあたりの汚れた物質を…
f:id:hardshopper:20200708002605p:image

 

マジック洗浄熱交換機とやらがキャッチ!
f:id:hardshopper:20200708002403p:image

 

これにより花粉は99%除去できるそうです。
f:id:hardshopper:20200708002517p:image

 

そしてなんと、東芝だけの

PM0.1レベルの微細粒子を除去f:id:hardshopper:20200708002407p:image

 

よく話題になるのがPM2.5ですが、このエアコンはそれよりも遥かに小さい空気の汚れを除去できるそうです。
f:id:hardshopper:20200708002453p:image

 

そして、空気清浄機単独運転ができる!
f:id:hardshopper:20200708002339p:image

 

つまり、暑くも寒くもない日でも空気清浄機として使うことができます。
f:id:hardshopper:20200708002435p:image

 

1年中使えるエアコン!

が、ひとつのウリみたいです。
f:id:hardshopper:20200708002358p:image

 

空気清浄機能は各メーカー様々なものがあります。

ジャパネットの推しといえば、ダイキンのストリーマも有名ですよね。

 

同じく夏のエアコン祭りで紹介されているストリーマ搭載のダイキンはこちら

hardshopper.hatenablog.com

 

なお、東芝独自の機能は他にもあります。

無風感冷房

f:id:hardshopper:20200708002512p:image

 

風を拡散させてやわらかい涼しさになるそうで。

どうもこれがこの最新モデルで搭載されるようになった新機能のようです。
f:id:hardshopper:20200708002440p:image

 

ここまで見ると結構高機能なエアコンですね。

 

しかしエアコンを選ぶときには、もうひとつすごく重要な機能があります。 

フィルター自動お掃除機能です。

 

この機能があるかどうかでエアコンの価格は大きく変わりますが、僕が新しく買うなら必ずフィルター自動お掃除機能が付いているものを選びます。

 

 

ジャパネットのエアコン大清快<RAS-G221RT>は自動お掃除機能付き、工事費無料で安いのか?

 

このジャパネットの東芝エアコン大清快は、フィルター自動お掃除機能付きです。
f:id:hardshopper:20200708002417p:image

 

掃除前と掃除後のイメージ。

f:id:hardshopper:20200708002426p:image

 

自動お掃除機能がない場合は、自分で掃除機で吸う必要があります。

だいたい週に1回くらいの頻度での掃除をすすめられますが、そんなの面倒くさくてできませんよね。

 

これで価格は、

税込119,800円
f:id:hardshopper:20200708002531p:image

Amazonなら工事費込でこの価格 

 

ちなみにジャパネットは消費税10%になったタイミングであえて税込価格表示になりました。

これは利用者には分かりやすくとても良心的な対応ですよね。

 

そしてもちろん、ここから割引があります。

前述のとおり下取りという名の割引です。

 

不要なエアコンを

22,000円で下取り!!
f:id:hardshopper:20200708002541p:image

 

下取りといってますが、まぁこれはただの割引と同義です。

たとえばどこで購入してもかかるリサイクル料金とかは普通にかかります。

 

これで価格は、

税込97,800円となります。
f:id:hardshopper:20200708002526p:image

Amazonなら工事費込でこの価格 

 

わ、安い!って感じではありません。

6畳用としては高機能でもまぁまぁな価格です。

 

しかし、ポイントはこれから。

前述のとおり、ジャパネット夏のエアコン祭りでは工事費が無料になります。

 

通常であればエアコンの購入には取付工事費取り外し工事費がかかります。
f:id:hardshopper:20200708002422p:image

 

これらがいずれも無料、約18000円相当が無料になります。

この元価格は他の店舗でもだいたいこれくらいかかりますから相場ですね。
f:id:hardshopper:20200708002554p:image

 

繰り返しますが、リサイクル料金収集運搬料金はかかります。

ただこれはどこで買っても同じなので、価格比較する上では気にしなくていいです。

f:id:hardshopper:20200708002457p:image

 

まとめるとこちら。

取付工事費、取り外し工事費込み無料で

税込価格97,800円です!

f:id:hardshopper:20200717034106p:image

Amazonなら工事費込でこの価格 

 

ただし、残念なことにジャパネットは送料別です。

価格.comとかだと送料込みの場合が多いので、ここは送料込みの価格で比較する必要があります。

 

と、言うわけで価格は、

税込101,100円

となります。

 

では、この価格が安いのか比較していきましょう。

 

 

ジャパネットの東芝大清快G-RTシリーズは、市販モデルG-Rシリーズとなにが違う?比較してみた

 

今回とりあげているのは、ジャパネットオリジナルモデルの大清快G-RTシリーズです。

これはジャパネットでしか販売されていないので、単純な価格比較はできません。

 

ジャパネットオリジナルモデル

東芝エアコン 大清快 G-RTシリーズ

6畳モデル:RAS-G221RT

f:id:hardshopper:20200723233809p:image

 

しかし、ジャパネットオリジナルモデルには、必ずベースとなる市販モデルがあります。

価格比較をする場合は、このベースモデルと比較します。

 

それがこちら、

東芝エアコン 大清快 G-Rシリーズ

6畳モデル:RAS-G221R

f:id:hardshopper:20200723234127j:image

 

 

 

 

型番的には、ジャパネットオリジナルモデルから最後のTを取った感じですね。

 

東芝エアコンのラインナップからするとG-Rシリーズミドルレンジ、つまり価格も機能も中間のモデルです。

f:id:hardshopper:20200724000938j:image

 

と、いってもAI機能がないだけで、東芝エアコンの中では特に性能が悪いようには見えません。

最近はAIっていうだけで売れるのかもしれないですが、僕的にはAIにはそんなに食指が動かないですね。

 

では、ジャパネットオリジナルモデルのG-RTシリーズは、この市販品のG-Rシリーズと比較してなにが違うのでしょうか?

 

オススメの調べる方法は取扱説明書を見ることです。

世の中の有名メーカー家電の取扱説明書は、すべてインターネットでダウンロードできます。

 

取扱説明書に掲載されているリモコンを比較してみましょう。 

 

こちらジャパネットオリジナルのG-RTシリーズ

f:id:hardshopper:20200724005126j:image

 

こちら市販品のG-Rシリーズ

f:id:hardshopper:20200724034807j:image

 

ジャパネットオリジナルのG-RTモデルには「高温みはり機能」ボタンがあります。

G-Rモデルはそのボタンの箇所が「パワフル」ボタンになっており、さらに「無線LAN接続」というがありますね。

 

この高温みはり機能は、ジャパネットオリジナルの機能のようです。

お部屋の温度を見はって自動で冷房運転してくれる機能で、ペットとかを飼われている家庭では重宝するのかもしれないですね。

f:id:hardshopper:20200724004357j:image

 

代わりにパワフルボタンがなくなってしまっていますが、パワフルモードへの切り替えは「風量」ボタンを数回押すことでできるので、特にパワフル機能が使えないというわけではなさそうです。

f:id:hardshopper:20200724035748j:plain

 

しかし、残念なのはこちらです。

ジャパネットオリジナルモデルのG-RTはスマートスピーカーへの対応など、インターネット接続機能がありません

これは、ジャパネットのFAQにも書いてあります。

f:id:hardshopper:20200724004414j:image

 

おそらくジャパネットの顧客はお年寄りも多く、インターネットを利用した機能はあまり需要がないんでしょうね。

使わない人からしたらこれで価格が安くなるならそのほうがいいでしょう。

 

ただ、これはこのモデルから搭載された新機能のようで、この機能がなくなるということは最新モデルである魅力がひとつなくなったことにもなります。

 

また僕個人としてはスマートホームを目指しているので、これらの機能が使えないのは非常に残念ですね。

後付のリモコン操作ではエアコンが現在どういう状況なのかを知ることはできないので、僕的にはこれはかなり魅力的な機能に見えます。

f:id:hardshopper:20200724040145p:plain

 【余談】うちがスマートホーム目指してる話

hardshopper.hatenablog.com

 

大きな違いはこれくらいぽいですね。

機能の違いが分かったところで、最後はこの市販モデルと価格を見比べてみましょう。

 

 

東芝エアコン大清快を価格比較!ジャパネットのRAS-G221RT vs 市販品RAS-G221R

おさらいですが、まずジャパネットモデルのRAS-G221RTの価格を見てみましょう。

f:id:hardshopper:20200717034106p:image

Amazonなら工事費込でこの価格 

 

送料込み、取り付け、取り外し工事費込で…

税込101,100円

 

では、RAS-G221Rはいかがでしょうか?

ネットの最安値チェックと言えば価格.comです

f:id:hardshopper:20200724041201p:plain

高い!!

やはり新しいモデルなので価格は下がっていないですね。

 

最安値のストアをみると送料は無料ですが、当然取付工事費は別途かかります。

その額+14,200円!

f:id:hardshopper:20200724041310p:plain

 

さらに取り外し工事費もかかります。

その額+6,600円!

f:id:hardshopper:20200724041511p:plain

 

合計20800円が追加でかかります。

とすると、市販品RAS-G221Rの支払額はいくらになるでしょうか。

 

ジャパネットと条件を揃えて比較します。

 

ジャパネットモデル:RAS-G221RT

税込101,100円

 

市販モデル:RAS-G221R

本体103,100円+工事費20,800円=

税込み123,900円

 

22,800円もジャパネットのほうがお得そうです!

これはジャパネット頑張ってる。

 

 

あ・・・ちょっとまって。

最近、価格.comが最安値じゃないってことが結構あるんですよね。

 

 

念の為、楽天とかヤフーショッピング(PayPayモール含む)で調べてたんですけど。

 

PayPayモールが安い。。。

f:id:hardshopper:20200724043602p:plain

今すぐPayPayモールでRAS-G221Rを買う

 

税込み8万円切ってるので、取り付け取り外し工事費が2万円かかっても10万円切りそうです。

さらに楽天やヤフーショッピングならポイントが付きますからね。

楽天やヤフーショッピングでポイントためてる人からしたら大きいですよね。

 

 

あ、ただジャパネットも負けてません!

Webから注文すると5%還元の感謝クーポンが貰えるらしいです。

商品価格の5%分が返ってくるらしいので、 4,890円分返ってきますね。

f:id:hardshopper:20200708002352p:image

 

さらにジャパネットをオススメできる点としてはその信頼感ですよね。

 

エアコンの工事ではどうしても人を家に入れる必要がありますが、ジャパネットは非常に気を使ってそうですよね。

コロナ対応が万全であることもアピールされていました。

f:id:hardshopper:20200708002537p:image

それにジャパネットのカスタマーサポートはメーカーのサポートよりも手厚いです。

使い方に自信のない人はジャパネットを選択するのもありかと思います。

 

というわけで、そろそろまとめます。

 

結果的にジャパネットオリジナルモデルのRAS-G221RTも、市販モデルのRAS-G221Rも価格的には大きな違いはなく購入できそうでした。

 

と、なってくるとあとは機能の違いとジャパネットの信頼感です。

下記のような人はジャパネットでの購入がオススメと言えるでしょう。

  • どうせ買うなら新モデルが良い(型落ちは嫌だ)
  • 新機能「無風感冷房」に魅力を感じる
  • 「高温みまもり機能」に魅力を感じる
  • スマホ操作やスマートスピーカー連携などのネット機能は使わない
  • 使い方に自信がない(手厚いサポートがほしい)
  • 工事の安心感は最重要

 

以上です。

 

 

 

ちなみにフィルター自動お掃除なしでいいならこちら

hardshopper.hatenablog.com

 

 

他のジャパネット記事はこちら

hardshopper.hatenablog.com