僕とネットショッピング

食料品、日用品、大型家電まで、毎日なにかが家に届く生活をしています。

【速報】ジャパネットチャレンジデーでdyson V7 slim がネット最安値!

どうもジャパネットとダイソンのことなら僕におまかせ。

 

増税後最初のジャパネットチャレンジデーが始まりました。

チャレンジデーとは1日1商品ジャパネットが本気価格で送るセールです。

f:id:hardshopper:20191026053816p:image

 

と、言っても勝率はけして高くありません。

チャレンジデーと言ってもネット最安値の壁は高いのです。

これまでも何度もジャパネットの敗北を見てきました。

 

今回の商品は大人気ダイソンの掃除機。

これは注目のチャレンジデーになりそうです。
f:id:hardshopper:20191026053838p:image

 

商品はこちら・・・

ダイソン スティッククリーナー

V7 スリムオリジン<SV11 SLIM COM>
f:id:hardshopper:20191026053833p:image

 

ダイソンデジタルモーターV7を搭載しているモデルです。

このモーターは2017年のもので新型とは言えません。

またV8の廉価版として販売されたモデルで上位モデルとは言えません。
f:id:hardshopper:20191026053822p:image

 

モーターも大事ですが、もう一つ非常に重要なのはヘッドです。

このモデルにはダイレクトドライブクリーナーヘッドが搭載されています。

「最上位モデルにも搭載」という煽りがありますが、これはどうだろう。
f:id:hardshopper:20191026053805p:image

 

価格コムでDysonの人気モデルを見ると、その多くがFluffyというヘッドを搭載しています。

(ちなみにV7モーターは上位モデルではないと言いましたが、コスパ的にはとても良いモデルで価格コムでは現在人気ランキング1位ですね)

f:id:hardshopper:20191026073039p:plain

 

じゃ、「Fluffyと比べてどちらがいいのか?」となるとこれは一長一短です。

Fluffyはスポンジ型のヘッドでフローリングの掃除などには向いていますが、逆にカーペットなどの掃除にはあまり向きません。

うちもメインはFluffyを使っていますが、カーペットではヘッドを交換しています。

 

逆にこのダイレクトドライブクリーナーヘッドはカーペットは得意ですが、フローリングの掃除には向きません。

毛がからまったり床を傷つける場合があると聞きます。

どちらが良いかは家次第かもしれません。

 

このモデルはslimと謳っている通り、ヘッドが小さくパイプが短くなったりしていて結果的に軽くなってます。

日本の狭い住環境にはslimが向いているとダイソンは言っていますね。

 

 

 

2019年10月発売モデルとなっていますが、これはあまり考えないほうが良いです。

前述のようにモーター自体が新型なのではなく、今まで無かった組み合わせで販売することで新しいモデル番号を振っています。

V7自体は2017年のモーターですし、V7 slimも2019年の春には販売されていました。

多分付属品の種類が違うんだと思います。
f:id:hardshopper:20191026053755p:image

 

これらのアタッチメントも通常ダイソンを購入したらついているものなので、ジャパネットが特別なわけではありません。
f:id:hardshopper:20191026053827p:image

 

こちらは「豪華付属品」と謳っていますが、これもジャパネットが特別ということはなく、モデルによってはそもそも付属していたりするものです。
f:id:hardshopper:20191026053744p:image

 

と、グダグダ言ってきましたが、結局価格が大事です。

まず、49,800円は高すぎます。
f:id:hardshopper:20191026053750p:image

 

当然、そこから下がります。

20,000円は思ったより下がりました。
f:id:hardshopper:20191026053811p:image

 

チャレンジデー価格は29,800円

あれ?これ安いぞ?
f:id:hardshopper:20191026053844p:image

 

と、思いたいところですが、ジャパネットは税抜価格、価格.comは税込み価格です。

なので、ジャパネットには消費税を足して、32,780円に・・・ならない!

 

そうだ、ジャパネット税込み価格表示になってました。

 

はい、これまで僕のブログではジャパネットは税抜表示なので気をつけろーって言い続けてきたのですが、なんと10月1日からジャパネットは税込み価格表示にしています。

この変更は素晴らしいなと思いました。

 

つまり、税込みで29,800円です!

 

あ、ただ送料はかかりますね。。。

価格.comで調べると送料も無料の店舗が多いのでココはマイナスです。

とはいえ、送料は990円。

支払総額は 30790円です!
f:id:hardshopper:20191026053800p:image

 

では、ネット最安値と比較していきましょう。

 

ジャパネットでダイソン V7スリムオリジン<SV11 SLIM COM>は安いのか?

 

Dyson V7 Slim自体は2019年4月に発売されています。

付属品が違うため型番が異なりますが、今回はこれと比較します。

f:id:hardshopper:20191026080423p:plain

 

ちなみにジャパネットのモデルにしかついていない付属品もあれば、こちらのモデルにしかついていない付属品もありますので、一概にどちらが良いというわけではないですね。

 

しかし価格!!

圧倒的にジャパネットが勝っていますね。

今回ジャパネットすごく頑張ってます。

 

悩むとしたら価格.comの人気ランキング1位のV7 Fluffyでしょうか。

これすごい価格落ちてて、Amazonでもこの価格ですね。

フローリングが多いならこちらも選択肢かも?

f:id:hardshopper:20191026082739p:plain

現在のAmazon価格はコチラから

 

いやぁでも、Slimは今年出たばかりで価格が高いので、Slimがこの価格だと考えると、僕だったらジャパネットを選んじゃいますね。

 

というわけで、まとめます。

  • 手軽な価格でダイソンの掃除機を使いたい
  • なるべく軽いダイソンの掃除機を使いたい
  • 自宅に狭い隙間が多い
  • 自宅はカーペットが多い
  • 使い方など丁寧な説明が必要(ジャパネットのサポートは手厚いです)

 

これらの条件をいくつか満たす方は、今回は買いな気がします!

 

 

こいつジャパネットの回し者かな?
って思ったら他の記事読んでみてください。結構厳しめです。

hardshopper.hatenablog.com

 

ダイソンの一番簡単な比較はこちら

hardshopper.hatenablog.com