僕とネットショッピング

食料品、日用品、大型家電まで、毎日なにかが家に届く生活をしている僕のブログです。

 

ポテトが冷めてる!「最も遅い到着時間」を過ぎたUber Eatsにクレーム!トラブル時にすぐに返金される問い合わせ方法

 

どうも、最低でも月に5回〜10回くらいはUberEatsしてる僕です。

 

早速ですが下記はUber Eatsで頼んだたこ焼きです。

開いたらこの状態でした。

f:id:hardshopper:20210629025138j:image

 

24個入りで2650円という1玉100円を超える高級たこ焼き(笑)ですが、端に片寄り、ソースや割り箸がたこ焼きの上に乗ってしまっている状態でした。

 

しかしこれをみて「Uber Eatsで頼むはやめよう」って思った皆さんは一度考え直してください。

この状態ならUber Eatsは秒で返金してくれます。

 

  

さて、うちは基本的に僕がキッチン担当なのですが、僕も忙しかったり面倒なときはUber Eats頼みます。

 

また1番利用頻度が高いのは僕と妻が2人で遊びにでかけている時ですね。

Uber Eatsに子供達の食事を届けてもらいます。

アプリの簡単操作で家にいる子供達の食事の支度ができてしまうわけですよ。

 

僕が子供の頃だとデリバリーの選択肢なんてピザか蕎麦か寿司くらいしかなかったので、いい時代になりましたよ本当に。

 

子供に食べたいものを聞けば、だいたい希望のものを届けることができますからね。

f:id:hardshopper:20210627011954j:image

これだけのやりとりで子供は食べたい「たこ焼き」が食べられちゃうんですよ。

 

ただ、こんな便利なのになぜかUber Eatsって、

必ずしも評判が良い訳ではないんですよね。

 

よく言われるのが配達員さんの運転ですね。

バイクで割り込んできたとか、自転車で一時停止、赤信号を無視して全力で走ってきた怖かったとか。

f:id:hardshopper:20190824030417j:image

 

まぁ配達員に運転が乱暴な人が多いっていうイメージは分からなくもないです。

僕も休日はだいたい運転しているので、大きなバッグを背負ったデリバリー配達員さんの運転でヒヤッとした体験はあります。

 

他にも汁がこぼれてたとか、玄関前に捨てられてたとか、つまみ食いされてたとか、そもそも届かないとか、検索するとたくさんエピソードがあります。

 

そういうこともあってか、中には「こんなに問題起こしてるのに未だに利用者がいるのが信じられない」みたいに利用者を叩く人までいますけど。

 

ただ、利用者からしたらやっぱりUber Eatsは便利なんですよ。

僕の中では生活必需サービスです。

 

もちろんトラブルがあることもあります。

どんなサービスでもトラブルはありますよやっぱり。

ただ、僕が体験したようなトラブルならUber Eatsは一瞬で解決してくれます。

 

Uber Eatsはビックリするほどシステマチックなので、トラブル対応に人件費をかけたりしないのです。

ユーザーと揉めるだけ無駄だと考えてます。

 

それだけ聞くとダメそうにも聞こえますが、つまりややこしいらやりとりはなく非常に早く解決できるということです。

 

たとえば注文しない商品が来ないとかは、間違いなく秒で返金されます。本当に秒です。

また、汁がこぼれてるとか、おかずが片寄ってるとかもさっくり返金されます。本当にさっくりです。

さらに、来るのが遅い冷めてる、みたいな多少クレームじみた内容でも相応のサービスがあります。

 

では実際の体験談をもとに、返金までの方法をまとめますのでぜひ読んでってください。

 

 

商品が届かない!足りない!そんな時は低評価よりお問い合わせで解決

 

さて、先日注文したのはお弁当屋さんの「ほっともっと」です。

f:id:hardshopper:20210627005453j:image

 

ほっかほか亭から独立したほっともっとは全国各地にありますよね。

近所ではオリジン弁当が多いのですが、Uber Eatsはほっともっとからも届けてくれます。

 

ご飯は前日炊いたものがあったので、この日はお弁当ではなくおかずだけを頼みました。

 

チキンバラエティパックという山盛りの唐揚げと、

f:id:hardshopper:20210701033855j:image

 

特製豚汁です。

f:id:hardshopper:20210625065955j:image 

 

そして、こちらご注文内容。

見づらいのですが、チキンバラエティパックを1つと、特製豚汁を2つ頼んでいます。

f:id:hardshopper:20210701034002j:image

 

が、豚汁が1つしか届きませんでした。

 

こういう時は、すぐに問い合わせをします。

ご注文内容の下に「問い合わせ」ボタンがあります。

f:id:hardshopper:20210625065821j:image

 

問い合わせから「過去の注文」を選択すると、メッセージ風の画面に切り替わり、問い合わせの詳細を聞かれます。

f:id:hardshopper:20210625065839j:image

 

「一部の商品に不足があった」を選択して、不足していた豚汁を選択すると…

 

画面が切り替わると同時に、PayPayに返金メッセージが届きました。

メッセージには3〜10営業日後となってますが、PayPayの通知を見る限り一瞬で返品されています。

f:id:hardshopper:20210625065830j:image

 

PayPayで支払ってない場合は他の返金手段だと思いますが、とにかくUber Eats側はシステムが瞬間に返金処理をしたことが分かります。

 

そして、通知が消えて見えた

275円のご返金をいたしました

というメッセージ。

f:id:hardshopper:20210625070005j:image

 

豚汁の代金と豚汁分の手数料が返金されたのです。

 

ほっともっとに電話がかかったりはしません。

Uber Eatsからメールが来てやりとりする必要もありません。

 

Uber Eats「え、届かない?」

 

Uber Eats「どれ?これ?」

 

Uber Eats「おけ、返金な!」

 

終わり。

 

ここまで3タップくらいです。

本当に秒で対応されます。

 

ちなみに、この謝罪もなにもない非常に淡白な対応を皆さんどう思います?

 

僕はこの時はちょっと気分良くなかったんですよね。

「えー僕は唐揚げと豚汁を一緒に食べたかったのに、豚汁代の返金だけかよー」

みたいな気持ちになりました(╯⊙ ⊱⊙╰ )

(なお妻は「別に私は豚汁なくてもいい」って言ってくれたおかげで、結局僕はたべられましたけど)

 

商品が届かなければ返金すれば良い。

そこに電話対応などの人件費をかける必要はない。

という、Uber Eatsの過剰なまでの効率性を感じました。

 

Uber Eatsが嫌われる理由の中に、これを受け入れられない日本人の国民性があるからかもしれません。

日本人ってついつい「誠意」とか欲しくなりますからね。

 

でも、淡白ですが効率を追求してるので、全ての対応が非常に迅速なのです。

 

客側からしても電話したり面倒なことは一切ありません。

また商品を受け取り直す手間もないわけです。

 

そう考えると、それはそれで良いなと考えるようになりました。

 

では、つづいて商品は届いたけど、こぼれていたり、内容が片寄っていたりする場合はどうでしょうか?

 

 

おかずが片寄ってる!汁が漏れてる!料理の品質問題はすぐ返金!

 

さて、続いてはこちら。

冒頭でもご紹介したたこ焼きです。
f:id:hardshopper:20210625070002j:image

 

どこかで縦にしちゃったんでしょうね。

割り箸やソースがたこ焼きの上にのってしまっていますし、片寄ってしまっています。

 

この程度ではなんとも思わない人もいるでしょうし、逆に気分を悪くしてもうUber Eatsで頼むのはやめようと思う人もいるでしょう。

 

しかし、この状況は返金対象なので、遠慮なくお問い合わせしましょう。

 

先程同様に注文内容の下にあるお問い合わせを選択して、過去の注文を選びます。

f:id:hardshopper:20210627005320j:image

 

今度は「料理の損傷または品質の問題」を選びます。
f:id:hardshopper:20210625065839j:image

 

そうすると、今度も問題があった商品の選ぶように言われます。

今回はこの24個入りたこ焼きしか注文していませんので、「料理全体」を選択します。
f:id:hardshopper:20210625065823j:image

 

そして、その問題の内容を選択します。

今回は1番近いものだと、「パッケージの問題があった/物がこぼれていた」ですかね。

f:id:hardshopper:20210625065833j:image

 

すると、破損の詳細を聞かれます。

そもそも破損はしてないですが、料理はまぁ食べられる状態なので「料理は食べられる状態だった」を選択します。
f:id:hardshopper:20210625065818j:image

 

嘘はいけないので、全ての質問に正直に答えましょう。

ちなみに、食べられる状態でも食べられない状態でも満額返金されます。

 

すると、写真を送るように言われます。

僕はさきほどの片寄ったたこ焼きの写真を送りました。
f:id:hardshopper:20210625065841j:image


そして続行ボタンを押した次の瞬間、PayPayの返金通知が届きました。

こちらもメッセージには3〜10営業日後となってますが、PayPayの通知を見る限り一瞬で返品されています。
f:id:hardshopper:20210625065827j:image

 

Uber Eatsは写真なんて見てません。

人間が写真を見てチェックしてから返金なんて効率が悪いのです。

 

しかし、結局僕らはこのたこ焼きを食べたので、片寄ってたおかげでタダ飯にありつけたとも言えます。

それならワザと縦にしたりひっくり返したりして写真を撮って返金したらいいんじゃないか?って考える人もいそうですよね。

 

おそらく利用状況や返金の頻度などのユーザー情報はチェックされていて、不正に返金を要求しようとしていると思われるようなユーザーに絞って後から人の目で写真をチェックしているのだと思います。 

僕は問題あればすぐにクレームしますが、利用頻度から考えれば対した回数ではなく、Uber Eatsからすれば多分上客なので黙って返金してくれたんだと思います。

 

と、言うわけでUber Eatsの返金はとにかく早くて簡単なので、気軽に問い合わせていけば良いと思います。もちろん嘘は駄目です。

 

そして続いてがタイトルになっている話で「配達が遅くてポテトが冷めていた」という問い合わせに対しての対応についてです。

 

(ここまでの記事は7/5に追記しました。)

 

 

マクドナルドのポテトが冷めてる!「最も遅い到着時間」を超えたら返金されるのか?

 

ちなみに初めてUber Eatsを使う人は、下記の招待コードを入れると初回注文が1800円引きになりますよ!

 

招待コード
eats-c0vrpv

http://ubr.to/EatsGiveGet

 

ちなみに使われると僕も1800円引きになります。

ごちそうさまです。

-----

 

Uber Eatsで先日トラブルがありました。

 

頼んだマクドナルドのポテトが冷めていたのです。

 

クレーマーじゃありませんよ。これは大事(おおごと)です!

マクドナルドのポテトと言えば、揚げてから7分で破棄していることでおなじみ。

つまり冷めたポテトは廃棄物と同じなわけです。

 

当然Uber Eatsにクレームを入れることにしました。

 

頼んだときの状況ですが、 僕は家にいませんでした。

土日で僕と嫁はお出かけ中でした。

 

子供も大きくなってきて土日には子供と僕ら夫婦は別行動になることが多いです。

でも僕らは出先で食事したいので、そんな時はウーバーイーツで自宅に食事を送るみたいなことがよくあります。

 

多くの場合で何でも良いなんていわれるのですが、その日の子供の希望はマクドナルドでした。

f:id:hardshopper:20190825042242j:image

(娘はひどい昼夜逆転中)

 

親になってすぐの時は「子供の夜ご飯にマクドナルドは栄養がー」とか思ってた頃もありました。

が、僕ら夫婦は15年の親経験により「子供には子供の食べたいものを!」という結論に至っています。

 

 

というわけで、黙ってマクドナルドをUber Eatsで注文します。

 

 

注文からしばらくして「そろそろ届いたかな?」とUber Eatsのアプリを確認しました。

 

届いてませんでした。

最も遅い到着予定時間が9:40なのに、9:56にまだ届いていません。

配達予定時間が0分になってからどれくらい経っているのでしょうか。

f:id:hardshopper:20190825172829j:image

 

どうもマンションの敷地にうまく入れなかった気がします。アプリで配達員さんがウロウロしているのが確認できました。

 

うちのマンションはいくつかの○○タワーと○○コートに分かれており、その全てが壁に囲まれています。

外部の人が敷地に入るための入口は2つあるのですが、GPS上の最短距離でウチに来ようとすると、その入り口にたどり着けないということが稀にあります。

 

しかし、そんなに悩むなら連絡くれれば入り方を説明できたのに!

 

Uber Eatsのアプリには直接配達の人と連絡を取ることのできる仕組みがあります

「こっちから連絡してみるか・・・」

と、思ったのとほぼ同時に配達完了の通知が来ました。

 

気になって娘に電話しました。

僕「届いた?」

娘「あー今届いたー」

僕「遅くなかった?」

娘「そうなの?知らない」

僕「ポテト美味しい?冷めてない?」

娘「んーちょっとシナシナかもー、でも食べれる」

僕「えーシナシナなの?」

娘「別にいいよ。動画見てるから切るね」

(ガチャ)

 

・・・

 

娘は食事中にスマホで動画視聴を欠かしません。

そんなエンジョイタイムに父親からの電話は邪魔なわけです。

 

しかし、娘はよくても僕的にはよくありません。

 

納得できないでいると、いつものこんな画面がでてきました。

〇〇さんの配達はいかがでしたか?

f:id:hardshopper:20190825172212j:image

 

はい、評価ってやつです。

Uberのキモとも言える重要な機能「評価」

 

多くの人は不満があった場合、黙ってここでbad評価をつけるはずです。

 

しかし、僕はそうはしません。

そもそも配達の方の評価を下げたいわけじゃないんです。

暑い中子供達のためにマックを届けてくれた配達の方に感謝こそすれ恨みもありません。

問題なのはただポテトが冷めていたこと。

罪を憎んでも人を憎んではいけないという孔子の教えを守っていきたい(適当

 

なので。

とりあえずUber Eatsに返金をねだってみようと思いました。

 

評価ボタンの下に「サポートに問い合わせる」というリンクがあったので、そこからクレームをしてみることします。

 

 

Uber Eatsアプリ/ネットからの問い合わせ「現在の注文」と「過去の注文」の違い

 

サポート画面では下記のような選択肢が表示されます。

f:id:hardshopper:20190826050841j:image

 

現在の注文に問題が起きた を選択しました。

すると、下記の選択肢が表示されます。

f:id:hardshopper:20190826050838j:image

 

予定より注文の配達に時間がかかっている

まさにこれです。

 

開くと下記の文章(長い

f:id:hardshopper:20190828213357j:image

 

要約すると、、、

すでに料理を受け取って届けようとしてる状態なら直接配達の人に連絡を取ってみて!

配達の人が連絡とろうとしてるのに、無視した場合は料理が届かなくても返金はしねーぞ!

 

そして、添えられる電話番号。

0800って一瞬携帯かと思いますが、フリーダイヤルです。

f:id:hardshopper:20190828214709j:image

 

うーん、品物は届いているしこれではないですね。

 

改めて 過去の注文に問題が起きた を選びます。

f:id:hardshopper:20190826050830j:image

 

料理の品質に問題があった 

これじゃないか!ポテトisシナシナ!

 

開くとこのような画面。

f:id:hardshopper:20190826050832j:image

 

意訳すると、、、

料理が不味いなら料理を評価しな!

不備があるなら写真を送りな!

 

しまった!

シナシナなポテトはすでに娘のお腹です。

 

仕方がないので、さきほどの到着予定時間を大幅に超えているのに配達中状態のキャプチャを画像に貼りました。

 

料理の写真が無くても、少なくとも20分もポテトを連れ回してたらその時点で不備は証明できるはずです。

 

そして、ストレートに伝えました。

下記が送信した「問題の内容」です。

もっとも遅い到着時間よりも20分も遅く届きました。
結果として、ポテトはしなしなで美味しくなかったです。
マクドナルドはポテトを7分で破棄するというルールだそうですが、20分もかかって届いたポテトは廃棄物と同じです。返金を求めます。

 

外資系の企業ですし、ヘルプの言い回しをみてるとストレートに要望を伝えた方がいい系と感じました。

 

配達がかなり遅れたのも事実ですし、ポテトがしなしなであったのも事実です。

廃棄物と同じとは言いましたが、食べずに捨てたとは言ってないので嘘はないです。

返金という要望を伝えるのも問題ないでしょう。

ややクレーマー気味ですが、まぁ本国アメリカンスタイルです(適当

  

そして、返事を待ちました。

 

 

冷めたポテトは返金されるのか?Uber Eatsの対応やいかに!

 

2、3日後くらいに返信が来ました。

 

さて、返金はされるのか??

 

f:id:hardshopper:20190826051030p:plain

Uber Eatsにお問い合わせいただき、誠にありがとうございます。
この度は商品のお届けに、長らくお時間を要し大変申し訳ございませんでした。
 
お詫びと致しまして、次回のご注文から500円が割り引かれるUberクレジットをアカウントに付与させていただきました。 今後ご利用いただける機会がございましたら、ご活用いただけますと幸いでございます。
 
他にご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
今後ともUber Eatsをよろしくお願い致します。

 

500円分のUberクレジットでお茶を濁そうとしてる!

 

すごい、返金を拒否してサポートコストを増やすよりも、相手をなんとなく納得させながら返金はしないというこのアメリカンサポートスタイル。

 

僕はLサイズのポテトを3つ注文したので、500円分ではポテト分の返金としては足りません

 

しかし、、、これは、、、

 

 

納得です。

 

 

だって、ポテトは食べちゃってますしね。

拒否されたら諦めようと思ってたくらいです。

 

Uber Eats 今後もご贔屓にしようと思いました。

 

ちなみに初めてUber Eatsを使う人は、下記の招待コードを入れると初回注文が1800円引きになりますよ!

 

招待コード
eats-c0vrpv

http://ubr.to/EatsGiveGet

 

ちなみに使われると僕も1800円引きになります。

ごちそうさまです。

 

いや、Uber Eats普通に良いですよ、って話。

hardshopper.hatenablog.com

 

店舗で買うなら揚げたてを注文するのがいいよって話

hardshopper.hatenablog.com