僕とネットショッピング

食料品、日用品、大型家電まで、毎日なにかが家に届く生活をしている僕のブログです。

 

最新モデルを完全比較!2022年ジャパネット夏のエアコン祭りは下取り&工事費無料で本当に安い?オススメは口コミで評判のダイキン?

 

これはジャパネットマニアの僕が、ジャパネットのエアコンセールが本当に安いのかを検証する記事です。

 

もし夏のエアコン祭りで、下記のようなことが気になった方はぜひ読んでいってください。

  • ネット最安値と比べて安いのか?
  • 市販モデルとの違いは何か?
  • ジャパネットで買うならどのモデルがオススメか?

 

なおジャパネットは好きですが、価格比較は厳しめにするのであらかじめご了承ください。

f:id:hardshopper:20220621030652p:image

 

 

どうも、24時間365日エアコンが稼働してる僕です。

 

暖房をつけなくなった次の日には冷房をつけ、冷房をつけなくなった次の日には暖房をつけてます。

地球環境に申し訳ないくらいエアコンが大活躍してる我が家です。

 

さて、先日ワールドビジネスサテライトでこんなニュースをやっていました。

 

エアコン

今年は品不足の可能性大!

f:id:hardshopper:20220615013920p:image
f:id:hardshopper:20220615013915p:image

 

どうも上海のロックダウンや半導体不足の影響でエアコンが品不足らしいのです

 

昼のワイドショーなら話半分ですが、僕の信頼するワールドビジネスサテライトなのでこれはちょっとドキドキします。(僕は2年前のマスク不足をワールドビジネスサテライトで事前に知ってマスクの買い置きを潤沢に準備できた過去があります)

 

今のうちにエアコンを購入しないと真夏にはエアコンが買えなくなるかもしれません。

さらに世界的にインフレが加速しているので、仮に購入できたとしても価格が今よりも何割も上がっている可能性があるとかないとか。

 

さて、そんな状況の中なわけですが、僕らのジャパネットでは例年通り夏のエアコン祭りを開催しています。

f:id:hardshopper:20220615015329j:image

夏のエアコン祭り

最新モデルがいきなり安い!

 

なお、このエアコン祭りはジャパネットでは毎年やっているもので、エアコンの新型モデルが安く売られると言う体裁のセールです。

なお、ジャパネット買ドキエアコンセールという型落ちのエアコンを売り切った直後に始まる非常に業の深いセールです。

 

そして今回はこんな煽りが目を引きます。

f:id:hardshopper:20220615015634j:image

夏のエアコン祭り

物価高騰前の交渉で、新商品なのに安い!

今なら!すぐお届けできる商品があります!

 

なんとまぁ物価が高騰する前に交渉して仕入れているので、価格が安いと言うじゃないですか。

消費者の不安を逆手にとったジャパネットらしい手堅いマーケティングです。

 

しかし、これは本当でしょうか?

ジャパネットのエアコンは本当に安いのでしょうか?

 

実はジャパネットのエアコンは市販モデルではなく、市販モデルをベースに細かい機能を付けたり削ったりしたジャパネットオリジナルモデルがほとんどです。

つまりジャパネットでしか販売されません。

 

そのためネットで単純な価格比較をするのが難しくなっており、それなりに調べないとそれが本当に安いのか分からないのです。

 

また今回のセールでもジャパネットには下記のウリがあります。

  • 高額下取り(一部
  • 標準取付工事費無料

 

つまり、ネット最安値とこれらを考慮したジャパネット価格を比較する必要もあります。 

 

これでは比較が面倒ですよね。分かります。

しかし僕はこのジャパネットとネット最安値の価格比較が数少ない趣味のひとつです。

 

そんなわけで、今年もジャパネット夏のエアコン祭りで注目モデルの比較調査をしてまとめました。

  • ネット最安値と比べて安いのか?
  • 市販モデルとの違いは何か?
  • エアコン祭りで買うならどのモデルがオススメか?

※全てのメーカー6畳用のモデルで比較します

 

その一部始終をご覧ください。

 

 

ジャパネットで評判のダイキンエアコン Nシリーズ(6畳:AN22ZES)は安い?性能の違いは?

 

さて、ひとつ目はこちら。

ジャパネット夏のエアコン祭りの大人気モデル

 

ダイキン

エアコン Nシリーズ

<AJT22ZNS>

f:id:hardshopper:20220612005414j:image

 

取り付け工事費込みで99,800円が目立ちますが、ご注意ください。

 

ジャパネットは基本的に送料別の価格表記なので、お支払い総額は下記の通りです。

f:id:hardshopper:20220617072134j:image

 

すごい小さく書かれていますが、

103,760円です。

 

価格.comなどで出てくるネット通販の多くでは送料無料、送料込みの価格表記が多いので、比較時には注意が必要になります。

 

ダイキンのエアコンは家電界隈の口コミでとにかく評判が良く信頼と安心のメーカーという印象です。

ジャパネットでもダイキンが本命という人は少なくないようですね。

 

ただ、工事費込みとはいえ6畳用で10万円オーバーだとフィルター自動お掃除機能は付いていて欲しいと感じます。

 

ジャパネットの推しはこちらのストリーマ

f:id:hardshopper:20220617072627j:image

 

ダイキン独自の空気清浄機能で、ジャパネットもこの機能の紹介に1番時間をかけていますよね。

 

カビダニ花粉もストリーマで…

f:id:hardshopper:20220617072943p:image

 

パーンッ!
f:id:hardshopper:20220617072933p:image

 

パーンッ!
f:id:hardshopper:20220617072928p:image

 

パーンッ!
f:id:hardshopper:20220617072938p:image

 

ジャパネットらしい分かりやすさを追求した演出です。

 

さて、効果は分かりやすいのですが価格比較がむずかしいのもジャパネットの特長です。

 

このエアコンはNシリーズ(AJT22ZNS)ですが、Nシリーズというのはダイキンの公式サイトには存在しておらずジャパネット以外では販売されていないのです。

前述のとおりこのNシリーズがジャパネットオリジナルモデルだからです。

 

しかし、このジャパネットオリジナルモデルには市販されているベースモデルがあります。

このベースモデルと価格比較をしていきましょう。

 

ジャパネットではNシリーズとして販売されているダイキンエアコンですが、ベースモデルとなる市販品はEシリーズ(AN22ZES)となります。

f:id:hardshopper:20220612010259j:image

 

2022年に発売された6畳用の型番はAN22ZESとなり、ベーシックモデルを謳っています。

 

しかしストリーマなどの機能をアピールしていますが、このEシリーズはダイキンエアコンの中で最も安い廉価なシリーズです。

前述のとおりフィルター自動お掃除機能も付いてないです。

 

こちら全シリーズ比較です。

左から順番に高機能、高価格になりますが、Eシリーズは機能がほとんどないのが分かります。

f:id:hardshopper:20220612012728j:image

 

当然、この市販のEシリーズをベースとしたジャパネットのNシリーズも機能が少ない廉価モデルとなります。

 

では、このEシリーズのネット最安値はいくらでしょうか?

f:id:hardshopper:20220614013217j:image

 

 

なんと価格.comでは価格情報の登録がありません。

これはこのモデルが最新モデルだからです。

 

しかたないのでGoogleのショッピング検索で安い店舗を探した結果、ノジマ電気がヒットしました。

 

価格は送料無料でこちらです。

89,800円

f:id:hardshopper:20220612011112j:image

 

さてジャパネットは標準取り付け工事費が込みですがノジマはいかがでしょうか?

 

なんと期間現役で標準工事費無料クーポンがついています。
f:id:hardshopper:20220612011152j:image

 

つまりジャパネットと同条件で89,800円となります。

 

比較するとダイキンのエアコンは、

  • ジャパネットNシリーズ:103,760円
  • 市販Eシリーズ:89,800円

 

つまり、13,960円ジャパネットは高いと言うことです。

 

ジャパネットオリジナルモデルのNシリーズにそれだけの付加価値があれば良いのですが、調べる限りEシリーズとNシリーズの違いはほとんどありません。

 

違いがある場合「この機能はジャパネットだけ!」と必要以上にアピールがあるはずなので、それがない場合は付加価値はなく、むしろひっそりと市販品よりも機能や性能が低下している場合が大半です。

 

僕の結論、ジャパネット夏のエアコン祭りでは、

ダイキン エアコンはNシリーズは、

オススメしません。

 

ダイキンを買うなら市販品、僕なら他メーカーでもフィルター自動お掃除機能の付いているもう少し上のモデルを買いますね。

 

では、続いてシャープのエアコンを見ていきます。

 

 

シャープのジャパネットモデルP-TDシリーズ(6畳:AY-P22TD)はネット最安値より安い!しかし…

 

さて、つづいてこちら。

 

シャープ

エアコン P-TDシリーズ

<AY-P22TD>

f:id:hardshopper:20220619025935j:image

 

さて、こちらも取り付け工事費込みで69,800円が目立ちますがご注意ください。

 

ジャパネットは基本的に送料別の価格表記なので、お支払い総額は下記の通りです。

f:id:hardshopper:20220619030022j:image

 

お支払い総額は73,760円です。

こちらは価格勝負のモデルですね。

 

フィルター自動お掃除機能はもちろん非搭載です。

ただ取付工事費を抜いて考えると送料込みでも6万ちょいなので、最新モデルをベースにしてるとしたらお手頃価格なのではないでしょうか?

 

こちらのP-TDシリーズ(AY-P22TD)もジャパネットオリジナルモデルで、ベースモデルはこちらのP-Nシリーズとなります。

f:id:hardshopper:20220614012338j:image

 

ただこのP-Nシリーズ、カタログの比較表みてもシリーズ名がありません。

機能としてはこのカタログのモデルの比較で1番右のエントリーモデルであるP-Sシリーズよりもさらに廉価なモデルになります。

f:id:hardshopper:20220614021135j:image

 

P-Nシリーズはシャープイチオシのクラウド人工知能COCORO AIRもマルっと省略されているので、比較するにも値しないということなのかも。

f:id:hardshopper:20220619204731p:image

 

まぁつまりシャープのエアコンで1番安いモデルです。

 

とはいえ安さ勝負のモデルなので安ければ良いわけですからね。

こちらのベースモデルのネット最安値と比較してみましょう。

 

P-Nシリーズの最新6畳用モデルはこちらのAY-P22Nとなります。

f:id:hardshopper:20220614013124j:image

 

 

価格.comの最安値は84,480円でした。

ちなみに大手量販店のノジマでも同じ価格です。

価格.comでも同じ価格なら大手量販店で買うほうが安心感がありますね。

f:id:hardshopper:20220614013352j:image

今すぐノジマで購入する

 

この時点でジャパネットよりも1万円ほど高いです。

が、残念ながらそれだけではありません。

 

このモデルは標準工事料金が別途かかります。
f:id:hardshopper:20220614013354j:image

 

84,480円+15,290円=

99,770円

 

比較するとシャープのエアコンは、

  • ジャパネットP-TDシリーズ:73,760円
  • 市販P-Nシリーズ:99,770円

 

つまり、26,010円ほどジャパネットが安いわけです。

 

そして価格こそ安いですが、ジャパネットモデルのP-TDシリーズと市販のP-Nシリーズには大きな機能差もないように見えます。

 

これはシャープのエアコンが良いという方で、絶対に最新モデルが欲しいという人はジャパネットを選択肢にしても良さそうです。

 

が、オススメはしません。

 

というのも個人的には、どうせ安いのを買うなら、型落ちを買ったほうがいいのでは?と、思っています。

型落ちなら、同じ性能ならさらに安く、同じ価格ならランクが上のモデルが買える可能性があります。

 

たとえばこちらのAY-N22Hは、価格.comのシャープエアコンで人気の1番高いモデルです。

(1番人気でも65位なので、シャープはそもそもエアコンの人気があまり高くないようですね)

f:id:hardshopper:20220621004636j:image

 

 

2020年松発売と2年型落ちですが、しかしハイグレードのモデルになります。

前述のCOCORO AIRはもちろん、フィルター自動お掃除機能も付いており多機能です。

 

それで価格は59,800円、最安値のお店で取付工事を依頼しても16,500円なので、合計は76,300円です。

f:id:hardshopper:20220621005531j:image

 

型落ちとはいえ、2540円の差で最廉価のモデルからハイグレードのモデルにランクアップできるなら、僕ならハイグレードを取りますね。

 

さて、続いては日立のエアコンを調査します。

そろそろジャパネットをオススメしたいところです。

 

 

ジャパネットの日立エアコン白くまくんDTシリーズ(6畳:RAS-DT22M)の違いがひどい!

 

さて、次はこちら。

 

日立 エアコン

白くまくん DTシリーズ

<RAS-DT22M>
f:id:hardshopper:20220612005419j:image

 

こちらも送料込みにすると下記のとおりです。

f:id:hardshopper:20220621011637j:image

 

お支払い総額は73,760円

シャープ同様に価格勝負のモデルですね。

 

そして、こちらのRAS-DT22Mジャパネットオリジナルモデルなのでベースモデルを確認してみましょう。

 

ベースモデルはこちらのRAS-D22M

型番的にはDDTかの違いですね。ジャパネットはなかなかDTを卒業できないと覚えましょう。

f:id:hardshopper:20220614013955j:image

 

こちらもベーシックモデルを銘打っておりますが、つまりもっとも廉価な安いシリーズですね。

 

こちらの比較表の一番右に当たります。

 

 

では、価格.comでネット最安値を見てみましょう。

こちらRAS-D22Mは67,900円が最安値です。

f:id:hardshopper:20220614013912j:image

 

ただ、最安値のショップがクレカ決済も全国設置もなかったので、こちらの68,920円をネット最安値とします。

f:id:hardshopper:20220614014546j:image

 

 

そしてこのショップで標準工事までを込みにした価格を見てみると下記のとおり。

f:id:hardshopper:20220614014440j:image

 

82,320円

比較すると日立エアコンの白くまくんは、

  • ジャパネットDTシリーズ:73,760円
  • 市販Dシリーズ:82,320円

 

8,560円ほどジャパネットが安いですね!

こうみるとジャパネットも大分価格頑張ってます。

 

しかし、これもオススメしません。

たしかにジャパネットのRAS-DT22Mの方が安いですが、市販のRAS-D22Mとは機能に大きな違いがあるのです。

 

それがこちら、日立エアコン白くまくんの2022年最新モデルの目玉機能である凍結洗浄です。

f:id:hardshopper:20220614014238j:image

 

何やってもカビることでお馴染みの熱交換器を、一度凍らせて、それを一気に溶かして洗浄するのです。
f:id:hardshopper:20220614014240j:image

 

熱を加えてカビ予防というのは聞いたことありますが、凍らせて洗い流すというのはこの白くまくんだけです。

 

広告でもこの凍結洗浄一本で推しており、これが目玉機能と言って間違いありません。

f:id:hardshopper:20220621014517j:image

 

 

しかしジャパネットの最新モデルである白くまくん(RAS-DT22M)には、

この凍結洗浄がありません。

 

最新モデルの目玉機能をバッサリ排除してしまっては、何をもって最新モデルと言っているのか分かりません。

型番的には最新モデルでも、これではいくら安くても納得感がありませんよね。

 

残念ですが、ここまでジャパネットの夏のエアコン祭りで手放しにオススメできるエアコンはありません。

 

最後、こちらは超目玉と謳っている東芝の大清快を見てみましょう。

 

 

夏のエアコン祭りの超目玉!東芝大清快(6畳:RAS-J221RT)は下取りで安い!取り付け、取り外しも無料!

 

さて、次はこちらです。

 

東芝 エアコン

大清快 J-RTシリーズ

<RAS-J221RT>

f:id:hardshopper:20220612005416j:image

 

さて99,800円とありますが、こちらは下取り後の価格です。

なんと古いエアコンを30,000円で下取りしてくれます。

 

ただご注意ください。

ジャパネットの下取りというのは「うちのエアコンはまだ使えるし…」って考える人の背中を押すための販売戦略です。

 

ジャパネットの下取り価格は単純な割引価格と同じと考えた方がいいでしょう。

「うちの古いエアコンが30000円になるなんて!」みたいな気持ちになったらいけません。

 

僕はジャパネットで過去にいくつもの下取りセール商品を見てきましたが、記憶の限りその全てが下取り後の価格で初めてネット価格と比較できるレベルになるものばかりでした。

 

そんなわけで、もし下取りするエアコンがないなら、このエアコンは選択肢になりません

ただ多くの人が既にエアコンは付いていて、より省エネのモデルにしたいとか、調子が悪くなったので買い替えたいとか、そういう需要ですよね。

(安心してください、ジャパネットの下取りは販売戦略なので壊れていても下取り対象です)

 

そんなわけで3万円下取りはありとして、送料込みのお支払い総額を見てみましょう。

f:id:hardshopper:20220621015640j:image

 

103,760円です。

先ほどのシャープや日立よりも価格が高いですね。

 

それもそのはず、このJ-RTシリーズ(RAS-J221RT)のベースモデルはこちらのJ-Rシリーズ(RAS-J221R)です。

f:id:hardshopper:20220614020432j:image

 

空気清浄機能無痛感空調を備えたハイグレードモデルです。

 

最新のハイグレードモデルです。

大事なことなので何度も言います。

今回の記事で紹介している最新モデルでは唯一のハイグレードモデルです。

もちろんフィルター自動お掃除機能もついています。

 

では、このRAS-J221Rのネット最安値を見ていきます。

f:id:hardshopper:20220614015241j:image

 

 

なんと107,610円、10万のオーダーを超えてきました。

さすが最新のハイグレードモデルはネット最安値も高いです。

 

しかもこれで取付工事費は含んでいません。

そして最安値のショップを確認してみると、設置料金は下記のとおりでした。

f:id:hardshopper:20220614015905j:image

 

19800円、なんか高いですね。相場は15,000円前後じゃないかと思いますが、これは店舗でバラけます。

とにかくネット最安値に見えるショップで購入した場合、お支払い総額は127,410円です。

 

比較すると東芝エアコン大清快は、

ジャパネットJ-RTシリーズ:103,760円
市販J-Rシリーズ:127,410円

 

その差は23,650円もジャパネットが安いです。

 

そして、さらにお得な話があります。

ジャパネットで古いエアコンを下取りする場合、そのらエアコンの取外し料金が無料になります。

f:id:hardshopper:20220621022516j:image

取外し料金はどこで買っても5000円前後かかります。

今回のネット最安値ショップだと10,800円かかるようですので、その差はさらに大きくなります。

 

ジャパネットの大清快いいですね。

しかし、油断は禁物です。

 

先ほどの白くまくんのように、もしかするとジャパネットオリジナルモデルでは何か重要な機能が排除されてるかもしれません。

うーん、一通り確認しましたが、

ジャパネットのRAS-J221RTと市販のRAS-J221Rには、目立つ機能の違いはなさそうですね。

f:id:hardshopper:20220621024116j:image

 

いや待って…

 

このジャパネットモデルRAS-J221RTでは紹介されている高温みはり機能ですが、市販のRAS-J221Rには付いていません。

f:id:hardshopper:20220614020037j:image

高温みはり機能

お部屋の温度を見はって高温時に自動で冷房運転してくれます。エアコン停止中にお部屋が高温になると、熱こもり防止のため自動で冷房運転。運転開始は、アラームでもお知らせしてくれるので安心です。

 

市販のRAS-J221Rの説明書を見ると、該当のボタンがパワフルボタンになっているのです。

f:id:hardshopper:20220621024735j:image

 

このパワフルという機能は「強めの運転をする」という機能ですね。

f:id:hardshopper:20220621024726j:image

 

では、ジャパネットモデル(RAS-J221RT)でパワフルモードが使えないかというとそんなことはありません。

パワフルボタンがなくても、風量ボタンを何度か押せばパワフルに切り替わります。

f:id:hardshopper:20220621024718j:image

 

つまり、この東芝大清快においては、ジャパネットのJ-RTシリーズのほうが高機能と言って良いでしょう。

 

まとめると、東芝エアコン大清快の最新ハイグレードモデルはジャパネットで購入すると…

  • 23,650円安い
  • 取外し料金(4950円〜10800円)も無料
  • 高温みはり機能搭載

 

これはオススメできますね。

今回のジャパネットセールのオススメエアコンは東芝大清快となります。

 

また、これは東芝大清快に限った話ではないですが、ジャパネットはサポートが充実しています。

 

休日でも夜の22時まで、電話で使い方を教えてくれるコミュニケーターがいるのは僕の知る限りジャパネットだけです。

 

メーカーのお問い合わせ窓口はそんなに長くやっていません。

東芝のお問い合わせ窓口は平日18時、休日17時までですが、これでも良心的な方だと思います。(フリーダイヤルですし

 

また、エアコンの工事ではどうしても人を家に入れる必要がありますが、ジャパネットは非常に気を使っています。

感染症対策が万全であることもアピールされてます。

f:id:hardshopper:20200708002537p:image

 

価格.comの最安値店舗で頼んだ場合、どういったスタッフの方が来るかは全然わからないですからね。

 

いやぁ最後にジャパネットでオススメできるエアコンがあってよかったです。

 

以上でした。

 

ジャパネットのサポート体制について、詳しくはコチラも御覧ください↓

hardshopper.hatenablog.com

 

 

-----

【2022.6.21更新】以下は過去の記事になります。参考程度に御覧ください。

 

どうも、ジャパネットとネット最安値を比較するのが趣味の僕です。

 

ジャパネットで今販売数を伸ばしてるのがエアコンらしいですね。

 

ジャパネット家電祭りでは3種類のエアコンを扱ってますので、3種類ともいつものように価格比較してみます。

 

つまりジャパネットオススメのエアコン達とネット最安値との団体戦です。

これでジャパネットが勝利すれば、ジャパネットでエアコンは安い!という評価になると思います。

 

ルールは下記のとおりです。

  • 全て6畳用で比較します(ジャパネットが6畳用の金額を一番大きく表示してますので)
  • 税込み金額で比較します(ジャパネットはいつも税抜き表示ですが、価格.comは税込み価格が表示されています)
  • 送料込みの金額で比較します(比較時点の価格.comの最安値は全て送料無料でしたが、ジャパネットは送料が別途3240円かかります)
  • 取付工事費は13000円として比較します(ネットでもこれが相場でしたし、ジャパネットでも通常時はこの金額みたいです。)
  • ジャパネットは下取りありで比較します。(ジャパネットはそもそも下取りありが前提の価格設定になっていますので)
  • リサイクル量、収集運搬料は比較しません(ジャパネットでも別途かかりますし、ネットで買ってもかかります。これは住所によるので比較できません。)
 

 

先鋒 戦〜

 

ジャパネットの最安値エアコン

シャーププラズマクラスターエアコン

(AY-G22TD)

f:id:hardshopper:20180331052104j:image

 

価格は56,800円といっていますが、送料+税込みで、

ジャパネット価格:64,584円

になります。

取付工事費は無料です。

 

対してネット最安値をだしたいのですが、

このAY-G22TDっていうモデル、ジャパネットのオリジナルモデルです。

 

ジャパネットは機能を削ったり付けたりしてオリジナルモデルとして売ることが多いので価格比較が難しい場合があります。

 

検索しても、シャープの公式サイトでもでてこないので色々調べていましたが、下記のモデルがベースになっていそうです。

 

f:id:hardshopper:20180331052854j:image

現在のAmazon価格を見てみる

 

違いとしては、

ジャパネットモデルはプラズマクラスターが7000なのに対して、こちらの通常モデルはプラズマクラスターが25000です。

 

つまりジャパネットの方が低性能です。

 

その前提で比較します。

 

ネット最安値は、税込み送料込みで47,800円ですが、これは工事費がついていません。

工事費13000円を足すと・・・

ネット最安値:60,800円

ですね。

 

ジャパネットの方が低性能でありながら、3784円も価格が高いです。

 

先鋒はネット最安値の勝利です。

 

中堅 戦〜

 

フィルター清浄機能がついている

シャーププラズマクラスターエアコン
(AY-G22H)

f:id:hardshopper:20180331052410j:image

 

価格は79,800円といっていますが、送料+税込みで、

ジャパネット価格:89,424円

になります。

こちらも取付工事費は無料です。

 

対してネット最安値はコチラ。

これはジャパネットオリジナルモデルではないので比較しやすいですね。 

f:id:hardshopper:20180331052920j:image

現在のAmazon価格はこちら

 

こちらも税込み、送料込みの価格なので、これに取り付け工事費を追加すると、

ネット最安値:68,753円

です。

 

ネット最安値の方が20671円安いです。

比較にならないですね。

 

中堅もネット最安値の圧倒的な勝利です。

 

大将 戦〜

すでに、中堅まではネット最安値が勝っていますが一応比較します。

 

スマホで操作もできる高機能でジャパネットのイチオシ

ダイキン Fシリーズ

(AN22UFS)

f:id:hardshopper:20180331052609j:image

 

価格は89,800円といっていますが、送料+税込みで、

ジャパネット価格:100,224円

になります。

こちらも取付工事費は無料です。

 

対してネット最安値はコチラ。

これもジャパネットオリジナルモデルではないので比較しやすいです。 

f:id:hardshopper:20180331052936j:image

現在のAmazon価格をチェック

 

こちらも税込み、送料込みの価格なので、これに取り付け工事費を追加すると、

ネット最安値:102,180円

です。

 

あー流石ジャパネットがイチオシなだけありますね。

ジャパネット価格の方が1956円安いです。

 

 

と言うわけで、ジャパネットの1勝2敗なので、

ジャパネットでエアコンは安い、とは言えない。

 

という評価になりそうです。

ただ僕は正直全敗だろうと思っていたので、ダイキンが勝ったのに少し驚きました。

 

あと、今回はジャパネットで販売されているエアコンだけで比較しましたが、ネットで調べればたくさんのエアコンがあります。

 

送料、消費税込みで3万円台のエアコンもザラです。

現に価格.comのエアコン人気ランキングの上位はそういう価格帯のエアコンです。

f:id:hardshopper:20180331061746p:plain

 

そういうのもあることを頭にいれて比較したほうが良いでしょう。

 

とはいえ、そもそも価格だけで比較できないところもあります。

 

たとえばジャパネットはアフターサービスが充実しています。

使い方がわからなくても電話で聞けば教えてくれたりします。

 

またエアコンは取り付けてもらうために家に入ってもらう必要があるので、ネットで頼んでよく分からない人が来るのは不安という方もいるでしょう。

 

その点ジャパネットであればある程度信頼できますね。

 

 

夏のエアコン祭り開催中。目玉商品はコチラ↓

hardshopper.hatenablog.com

 

以前の夏のエアコン祭り

hardshopper.hatenablog.com

 

2019年のチャレンジデーはこんな結果でした

hardshopper.hatenablog.com

 

ジャパネットの魅力はここで語ってます。

hardshopper.hatenablog.com