僕とネットショッピング

食料品、日用品、大型家電まで、毎日なにかが家に届く生活をしています。

 

【口コミ】ジャパネットラクかるパワーブーストサイクロン(PV-BHL1000J1)は安い?最新モデルまで徹底比較レビュー

どうも、ジャパネットが大好きな僕です。

 

すこし前に書いたジャパネットの記事に、また好意的なご意見をいただくことができました。

f:id:hardshopper:20201205193547p:plain

 

これは嬉しい。

 

ジャパネットが売れても僕にお金が入るわけじゃないですけど、それでも僕のブログを見て買ってくれた人がいると分かると安心できますね。

価格が高いときは正直に「高い」って書いちゃうから、いずれジャパネットに怒られるんじゃないか不安だったもんで。

 

というわけで、今回も張り切ってジャパネットの商品の価格調査をしてまいります。

しっかりオリジナルの最新価格・機能比較表も作りました(仕事もコレくらいきっちりとやりたい)

f:id:hardshopper:20201213040704p:plain

 

さて、ご存知のとおり、ジャパネットは現在利益還元祭を開催中。

ちなみにこちら毎年やってるイベントですが、例年より気合が入っているらしいです。

f:id:hardshopper:20201205191540p:image

 

そしてその目玉商品である商品がこちら

 

驚きの軽さ
f:id:hardshopper:20201205191654p:image

 

驚きの吸引力
f:id:hardshopper:20201205191741p:image

 

軽さと吸引力を兼ね備えた

日立コードレススティッククリーナー

ラクかるパワーブーストサイクロン

<PV-BHL1000J1>
f:id:hardshopper:20201205191659p:image

 

これ去年も販売されていたヤツですね。

新製品というわけではなさそうです。

 

が、なんと2020年にジャパネットで一番売れている掃除機だそうです。
f:id:hardshopper:20201205191732p:image

 

ジャパネットと言えば、キャニスター型の東芝トルネオやロボット型のルンバ、そしてこれと同じスティック型のダイソンなど、掃除機にはかなり力を入れているイメージです。

その中で一番売り上げているとなるとなかなか凄いやつじゃないですか。

 

そして、今回は利益還元祭特価とのこと。

f:id:hardshopper:20201205191446p:image

日立スティッククリーナーの最新価格を比較チェックする 

 

ちなみにジャパネットがテレビなどで紹介している製品は基本的にセールをしている商品です。

セールしていない期間はホームページでひっそりと売っているだけですから。

 

しかし今回は特別なセールである利益還元祭

さらに、例年より特別な利益還元祭を謳っているのですから、価格は楽しみしていきましょう。

 

 

【レビュー】ラクかるパワーブーストサイクロン(PV-BHL1000J1)の性能は?評判は?

 

早速商品紹介を見ていきましょう。

今回のMCはジャパネットのエース、中島さん。

 

名前の通り、とにかく軽いと言うこの掃除機。f:id:hardshopper:20201205191621p:image

 

たしかに軽すぎるせいか既に掃除機が浮いてるようにすら見えます。

f:id:hardshopper:20201206055323p:image

 

本体重量は1.6kg!
f:id:hardshopper:20201205191716p:image

 

軽さに驚く女性MCの表情はハリーポッターがうまいことほうきを操れてしまう時のようです。

Product Idea | Harry potter world, Harry potter, Harry potter broomstick

 

そんな魔法の杖のようなスティッククリーナー

ラクかるパワーブーストサイクロン
f:id:hardshopper:20201205191550p:image

 

名前が長い!!
f:id:hardshopper:20201205191641p:image

 

なおラクかるパワーブーストサイクロンは何度も入力することになりそうなので、辞書登録しました。

これで、ラクかるって入れるだけで変換できます。

f:id:hardshopper:20201206055900j:image

 

しかし、なぜこんなに名前が長いのか?

理由は簡単です。

 

実は、日立にはもともと2つの製品がありました。

 

軽さにこだわった

ラクかるスティック

f:id:hardshopper:20201206060207p:image

 

吸引力にこだわった

パワーブーストサイクロンf:id:hardshopper:20201206060210p:image

 

これらをジャパネットが合体させて、

f:id:hardshopper:20201206062357p:image

 

ラクかるパワーブーストサイクロン

と、したらしいのです。

f:id:hardshopper:20201206061906p:image

 

つまり名前も全部ひっつけてしまったのですね。

 

損保ジャパンと日本興亜損保が合併して、損保ジャパン日本興亜になるみたいな話ですね。

f:id:hardshopper:20201206061147j:image

(やっぱり「ジャパン」に「日本」を被せるのはおかしいだろうと気が付いて最近損保ジャパンに名前をまとめたと聞きました)

 

しかし名前はともかくとして、本当に軽さと吸引力を併せ持つことができたのでしょうか?

 

パワーブーストサイクロンを名乗る理由はパワーブーストサイクロンと同じ、こちらのヘッドが搭載されているからです。

 

日立最上位モデル

パワフルスマートヘッド

f:id:hardshopper:20201205191712p:image

 

こちらはラクかるスティックには搭載されていないヘッドになります。

 

ネタバラシしてしまうと、

ジャパネットのラクかるパワーブーストサイクロンは、

ラクかるスティックのボディに、

パワーブーストサイクロンのヘッド

を取り付けた商品なのです。f:id:hardshopper:20201205191514p:image

日立スティッククリーナーの最新価格を比較チェックする 

 

なので、パワーブーストサイクロン相当の吸引力かと言うとそんなことはありません。

 

モーターはこちらのラクかるスティックと同じモーターなので、吸引力はラクかるスティック相当になります。

f:id:hardshopper:20201208020938j:image

 

ジャパネットの紹介だけ見ていると、まるで軽さがラクかるスティック相当で、吸引力はパワーブーストサイクロン相当の最強掃除機のように感じてしまうのでご注意ください

 

また、もうひとつご注意なのが付属品です。

豪華付属品(9460円)とありますが、これは付属品を別売りで買った場合の価格です。

f:id:hardshopper:20201205191703p:image

 

そもそも市販モデルにも多くの付属品が初めから付いています。

ジャパネットが特別と言うわけではなく、むしろ付属品は少ないくらいです。

(付属品比較は後述の比較表をご覧ください。)

 

また残念ながらクリーナースタンドも別売りです。

このシリーズでは上位モデルは充電台やスタンドがセットになっています。

f:id:hardshopper:20201205191736p:plain

 

うむぅ、どうもジャパネットのラクかるパワーブーストサイクロンは、文句なしで最高のスティッククリーナーというわけではなさそうです。

 

しかし、大事なのはコスパ。

コスト&パフォーマンスです。

 

ジャパネットに求められているものって

高くてもいいから最高ランクの商品

ではなくて、

ある程度安くてそこそこ良い商品

ですよね。(ですよね?

 

と、言うわけで続いて価格を見ていきましょう。

 

 

ジャパネットは安い?下取りあり28800円はネット最安値越えだが

 

まず、こちら定価はこちらです。

税込49800円。

f:id:hardshopper:20201205191440p:image

もちろん、この価格で売ってるときにテレビで紹介なんてしません。

この価格で売られているときは、ひっそりとホームページの片隅に掲載されているだけです。

(この価格でも販売実績がないと消費者庁に景表法で怒られますからね)

 

ここからジャパネット得意の下取りがあります。

どんな古い掃除機でも下取りしてくれます。

f:id:hardshopper:20201208023647p:image

 

しかも10,000円で!f:id:hardshopper:20201205191727p:image

 

ただし、勘違いしないでくだい。

ジャパネットの下取りというのは、「うちの掃除機まだ使えるからなぁ」って考える人の背中を押すための販売戦略です。

 

「うちの20年前の掃除機が10,000円になるなら、買い換えても良いかな」なんて気持ちでは冷静な価格評価はできないので、ジャパネットの下取りは単純な割引だと認識しましょう。

 

今回はさらに値引きがあるそうです。

なんと11,000円割引とのこと。

f:id:hardshopper:20201205191530p:image

 

つまり、価格はこちら。

税込28,800円です。

f:id:hardshopper:20201205191545p:image

 

ただしご注意ください。

 

ジャパネットは昨年、税込価格表示になりましたが、今でも送料と下取り手数料は別に取られます。

 

支払い総額は、下記に小さく書かれている送料と下取り手数料1540円を足す必要があります。

f:id:hardshopper:20201208024938p:image

日立スティッククリーナーの最新価格を比較チェックする  

 

つまり、支払い総額はこちらです。

税込30,340円!

 

とはいえ高くはないですね。

むしろ有名メーカーのコードレススティッククリーナーとしては安い部類です。

 

さらに、こちら同じ商品を去年のセールで販売していたときも安くなっています

 

こちら去年の増税直前SALE

価格は29,800円!

f:id:hardshopper:20201209011830p:image

 

29,800円って今回のセールと1000円しか変わらないような気もしますが、実は違います。

 

去年の増税直前セールの時点では、

ジャパネットは税抜き価格表示なのです。
f:id:hardshopper:20201209011836p:image

日立スティッククリーナーの最新価格を比較チェックする 

 

つまり去年のセール時の支払い総額は、税込32184円に送料下取り手数料1512円を足して、

税込33,696円なのです。

 

なんと、実質去年のセール時点よりも3000円近く値下げしています。

 

ただ、よくよく見てると去年のセール時点より豪華付属品が少しランクダウンしているような気もします。

 

あー、このふとん用吸口は、今回のセットにはありませんでしたね。
f:id:hardshopper:20201209011840p:image

 

こちらが今回の付属品。

f:id:hardshopper:20201209013625p:image

 

付属品として一番立派に見える布団用吸口が、小さなハンディノズルになってしまっています。

そして、このハンディノズルは実は去年のセール時点のモデルにも付いていたようです。

 

この「他」の部分にハンディノズルも含んでいたようですね。

f:id:hardshopper:20201209013957j:image

 

つまり、今回のセールでは、単純にこのふとん用吸口が単純にセットから外されているようです。

 

豪華付属品の価格が去年は10840円、今年は9460円とそこまで大きく変わっていないようにも思いますが、これは税込価格と税抜き価格の違いでそう感じてしまうだけのようです。(これはなかなかあざとい

 

基本的にジャパネットでは、付属品が変わると型番まで変わる場合が多いです。

今回は型番が同じなので、初めは全く同じ商品を販売しているものかと思っていました。

 

しかし、よく見ると型番も違いました。

 

今年の型番は、

PV-BHL1000J1

f:id:hardshopper:20201209014642p:image

 

去年の型番は、

PV-BHL1000J

f:id:hardshopper:20201209011836p:image

 

最後の1がありません。

 

なんと、このふとん用吸口を外した結果、型番に1が付いたようです。

 

結果、発売日も地味に更新されてますね。

f:id:hardshopper:20201209014937j:image

 

これで中身も改良されていれば良いのですが、このモデルは2019年発売から本体自体は大きく変化していません。

つまり実際は型落ちといえますね。

 

付属品が削られて型番が変わるだけでも発売日が更新されるため、発売日が新しくても必ずしも新製品というわけでことを覚えておきましょう。

 

では、それを踏まえて、市販モデルとの性能比較を見ていきましょう。

 

 

ジャパネットのPV-BHL1000J1は旧モデル?市販の新モデルと比較してみた

 

実は、ジャパネットのラクかるパワーブーストサイクロンは、2世代前のラクかるスティックをベースモデルにしています。

 

対して、パワーブーストサイクロンラクかるスティックには、今年も新製品が発売されていました。

 

まず、こちら。

2020年夏に登場したこちら。

 

日立コードレススティッククリーナー

パワーブーストサイクロン

<PV-BH900H>

f:id:hardshopper:20201209155007p:image

日立スティッククリーナーの最新価格を比較チェックする  

 

多彩なツールが付属!

f:id:hardshopper:20201209155029p:image

 

コンパクトに収納できる充電台付属!
f:id:hardshopper:20201209155002p:image

 

小型ハイパワーモーターX4搭載

これは、2019年のモデルと同じですね。
f:id:hardshopper:20201209155017p:image

 

パワフルスマートヘッド搭載

これも、2019年のモデルと変わりません。
f:id:hardshopper:20201209155012p:image

 

そして軽量1.9kg!!

2019年のモデルと比較して200gも軽くなってますね。
f:id:hardshopper:20201209154935p:image

 

ジャパネットのラクかるパワーブーストサイクロンが1.6kgなので、その差は300gまで縮んでいますね。

 

その軽さと自走式ヘッドにより、指を添えるだけで使えるということです。
f:id:hardshopper:20201209155043p:image

 

なんとパワーブーストサイクロンまで軽さを謳い始めています。

 

とはいえ、良い子は真似しないでね。とのこと。

f:id:hardshopper:20201210014225p:image

 

そしてラクかるスティックも新製品がでています。

ラクかるスティックは2020年2月頃にも新モデル(PV-BL20G)がでており、12月にまた新しいモデルがでたようです。

 

それがこちらの2020年12月発売の最新モデル

日立コードレススティッククリーナー

ラクかるスティック

<PV-BL2H>

f:id:hardshopper:20201210014515p:image

日立スティッククリーナーの最新価格を比較チェックする 

 

軽〜い!で選ぶならこれとのこと。
f:id:hardshopper:20201209155038p:image

 

とにかく軽い!軽いんです!
f:id:hardshopper:20201209154941p:image

 

なんと軽量1.1kg

すごい軽さになってます。
f:id:hardshopper:20201209154918p:image

 

2020年の2月に発売されたPV-BL20Gと比較して、パイプを薄くしたことで軽量化したらしいです。
f:id:hardshopper:20201209155047p:image

 

このPV-BL20Gでも、その重さは1.3kgです。

つまり、1年で200gも軽量化させたようです。

 

なおジャパネットのラクかるパワーブーストサイクロンのベースとなった2019年発売モデルのラクかるスティック(PV-BFL1)と比較すると300g軽量化されています。

 

また、ヘッドも新しくなり、こちらを搭載しています。

パワフルスマートヘッド light
f:id:hardshopper:20201209154928p:image

 

なんとヘッドの性能がパワフルスマートヘッドに近づいたらしいです。
f:id:hardshopper:20201209155033p:image

 

これはヤバい。

ラクかるスティックのヘッドがパワーブーストサイクロンにかなり近づいてしまっています。

 

いや、それだけではありません。

なんと最新のラクかるスティックは、モーターまでさらに強力なものに載せ替えてきました。

 

ハイパワー3Dファンモーター
f:id:hardshopper:20201209154958p:image

 

これはジャパネットのラクかるパワーブーストサイクロンよりも強力なモーターでしょう。

 

ややこしくなってきたので、ここまでのモデルの性能をレーダーチャートでわかりやすく比較してみましょう。

 

まず、ジャパネットモデル

ラクかるパワーブーストサイクロン

<PV-BHL1000J1>

f:id:hardshopper:20201205191550p:image

f:id:hardshopper:20201210021432p:image

ヘッドこそ最高レベルですが、モーターは旧型のラクかるスティック相当です。

スタンドもなく付属品も多くはありません。

 

 

つづいて、日立コードレススティックのフラグシップモデル。

新型パワーブーストサイクロン

<PV-BH900H>

f:id:hardshopper:20201209155007p:image


f:id:hardshopper:20201210021428p:image

最強のモーター、最強のヘッド、充実の付属品(充電台付き)というフラグシップモデル。

軽さこそ他モデルと比較して劣りますがそれでも旧モデルと比較すると軽量化され1.9kgです。

 

 

 

最後が12月発売の最新モデル

新型ラクかるスティック

<PV-BL2H>

f:id:hardshopper:20201210014515p:image
f:id:hardshopper:20201210021423p:image

モーター、ヘッドともにパワーブーストサイクロンに近づき、軽さは圧倒的な1.1kg。

スティックスタンドもついており付属品もまずまずです。

また、ジャパネットモデルにはないからまんプレス構造という髪の毛などのゴミを絡みづらくする技術が搭載されています。

 

 

 

ジャパネットモデル、やはり他機種と比べて旧型で機能的には見劣りします。

ヘッドがパワーサイクロン相当なだけで、それ意外はいずれも他機種のほうが高性能なのです。

 

しかし価格はどうでしょうか?

 

最後に他モデルとの価格を比較して、価格的にどうなのかを見ていきましょう。

 

 

ジャパネットは最安値!PV-BH900H、PV-BH500H、PV-BL2H、PV-BL1H、PV-BL20Gと価格比較

 

比較前におさらいです。

ジャパネットのラクかるパワーブーストサイクロン(PV-BHL1000J1)は、送料下取手数料込みで30,340円(28800円+1540円)です。

f:id:hardshopper:20201208024938p:image

日立スティッククリーナーの最新価格を比較チェックする 

 

 では、日立のフラグシップ

新型パワーブーストサイクロン(PV-BH900H)はいかがでしょうか?

 

f:id:hardshopper:20201209154932j:image

ネット最安値:

税込51,445円(送料込み)

 

 

やはり、高い。ジャパネットより2万円も高いです。

 

つづいて、このPV-BH900Hから充電台や付属品を削ったモデルの新型パワーブーストサイクロンの廉価モデル(PV-BH500H)はいかがでしょうか?

ジャパネットモデル(PV-BHL1000J1)もスタンドは別売りなので、こちらと比較するほうがフェアかもしれません。

 

f:id:hardshopper:20201209155106j:image

ネット最安値:

税込41,555円(送料込み)

 

 

ぬわ、こちらでも余裕で1万円以上高いです。

やはり、新型のパワーブーストサイクロンと比較すると、ジャパネットのラクかるパワーブーストサイクロンは安いですね。

 

では、発売されたばかりの最新型ラクかるスティック(PV-BL2H)はどうでしょうか?

こちらはまだ新しくて価格.comで価格比較がなかったので、ヨドバシカメラの価格をチェックしました。

f:id:hardshopper:20201213021848j:image

ヨドバシ価格:

税込71,280円(送料込み)

ポイント還元を考慮して実質64,152円

 

 

ポイント還元を考慮しても、まさかのパワーブーストサイクロンより高いです。

さすが発売されたばかりの最新モデルですね。

 

つづいて、このPV-BL2Hからスタンドや付属品を削り、さらにヘッドを廉価なものに変えたモデルの最新型ラクかるスティックの廉価モデル(PV-BL1H)はいかがでしょうか?
f:id:hardshopper:20201213021850j:image

ヨドバシ価格:

税込60,280円(送料込み)

ポイント還元を考慮して実質54,252円

 

 

高い!廉価モデルでも新型パワーブーストサイクロンを上回る価格です。

やはり、発売されたばかりで価格が落ち着いていないためひどいものです。

 

こうやって家電の価格調査をしていると本当によく分かるのですが、

家電なんて絶対発売してすぐのモデルを買うべきではないですね。

コスパが悪すぎる。

 

やはり、価格で言えばジャパネットが最強だったのでしょうか?

 

いえ、お待ち下さい。

流石に発売したばかりのモデルと比較するのはラクかるスティックが不利なので、もう2台ほど比較したいと思います。

 

まずは、1世代前のラクかるスティック(PV-BL20G)

旧型ですが、それでもジャパネットモデルよりは1世代新しいモデルです。

モーター(小型・軽量ハイパワーファンモーターTR)はジャパネットモデルと変わりませんが、300gほど軽くからまんプレス構造が搭載され髪の毛などのゴミが絡まりづらくなっています。
f:id:hardshopper:20201209154922j:image

ネット最安値:

税込36,000円(送料込み)

 

 

6000円くらいジャパネットモデル(PV-BHL1000J1)より高いですね。

 

ただし、こちらはスタンドもついています。

・300g軽い

・からまんプレス構造付き

・パワフル スマートヘッド light(ジャパネットモデルより大きく劣っていない)

という3点を考えると、ジャパネットモデル(PV-BHL1000J1)でスタンド(7980円)を別に購入するくらいなら、こちらのほうがアドバンテージありそうです。

 

そしてもうひとつがこちら。

まずは、1世代前のラクかるスティックの廉価モデル(PV-BL10G)。

上位モデルと比べてヘッドが安価なものになり、またスティックスタンドが付いていません。

f:id:hardshopper:20201213024257j:image

ネット最安値:

税込26,800円(送料込み)

 

 


おお、これが圧倒的最安値です。

実は日立のスティッククリーナーで一番人気あるのがこのモデルです。

 

このモデルをジャパネットモデル(PV-BHL1000J1)とざっくり比較すると下記のとおりです。

 

ジャパネットモデル(PV-BHL1000J1)

・ヘッドが最高モデル

 

1世代前のラクかるスティックの廉価モデル(PV-BL10G)

・300g軽い

・からまんプレス構造(髪の毛とかが絡みづらい)

・3000円くらい安い

 

うーん、難しくなってきましたね。

ややジャパネットモデル(PV-BHL1000J1)が不利になってきたような気がします。

 

さて、このあたりでまとめに入りたいと思います。

今回紹介したモデルを並べて比較すると下記のとおりです。

f:id:hardshopper:20201213040704p:plain

日立スティッククリーナーの最新価格を比較チェックする 

 

比較対象が多いので、前提として3万円前後の予算で購入するならどうするかを考えてみましょう。

 

まず、前述のとおり、クリーナースタンドも買うつもりなら、

1世代前のラクかるスティック(PV-BL20G):36,000円

がおすすめです。

 

もしも、クリーナースタンドを買うつもりが無いのなら、

1世代前のラクかるスティックの廉価モデル(PV-BL10G):26,800円 

ジャパネットのラクかるパワーブーストサイクロン(PV-BHL1000J1):30,340円

のいずれかが良いと思います。

 

そして、軽さやお手入れのコスト(からまんプレス構造非搭載)よりも吸引力が重視なら、パワフルスマートヘッドを搭載したジャパネットのラクかるパワーブーストサイクロン(PV-BHL1000J1)がおすすめかもしれません。

 

また、これは定型文みたいになってきてるのですが、

サポートに関してはジャパネットで買うほうが良いと思います。

 

今回はネット最安値と比較しており、販売店はネット専門のお店の場合が多いです。

もちろんネット専門店でもサポートが悪いわけではないのですが、使い方が分からないからと言って電話して聞いても丁寧に教えてくれる保証はありません。

 

僕の知る限り、店舗どころかメーカーサポートよりもジャパネットのサポートのほうが手厚いです。

例えばメーカーのサポートだと18時に終わってしまう場合でも、ジャパネットなら22時まで受け付けてくれたりします。

なので、使い方に不安があったりする方は、ジャパネットオススメします。

 

サクッとまとめるつもりだったのが、また以上に長くなってしまいました。

どれくらいの人がここまで読んでくれてるのかわかりませんが、まとめ始めるとどんどん長くなってしまうの悪い癖がまた出ました。

また、もし間違いなどあるようでしたら、コメントでどんどん教えて下さい。

 

長文ご覧いただきありがとうございました!

 

日立スティッククリーナーの最新価格を比較チェックする 

 

以前のセールの記事はこちら

hardshopper.hatenablog.com

 

他の利益還元祭の目玉モデルはこちらの炊飯器

hardshopper.hatenablog.com

 

他のジャパネット記事はこちら

hardshopper.hatenablog.com