僕とネットショッピング

食料品、日用品、大型家電まで、毎日なにかが家に届く生活をしている僕のブログです。

 

安い!大画面!高コスパ!弟から「ゲーミングノートパソコンのオススメは?」と聞かれたのでASUSとLenovoを比較評価した

 

どうも、「一家に1人いると便利」と評判の僕です。

 

IT企業勤務で一応元プログラマーの僕は、家族内では比較的ITリテラシーが高いので我が家のパソコン大先生()として大活躍しております。

 

「ネットが繋がらなくなった」

「ネットで○○を買っておいてほしい」

「ネットでワクチン予約をしてほしい」など、

家族からは様々なネット雑用を受けつけております。

 

さて、 先日も弟からこのようなLINEが届きました。

 

f:id:hardshopper:20210513175534p:plain

 

どうもノートパソコンを新しくしたいらしいです。

しかも20万円とそこそこの予算があります。

f:id:hardshopper:20210513174335p:plain

 

弟は大学の先生なのですが、勤め先の大学がパソコンの買い替え時期らしいです。

大学の情シスが選ぶんじゃなくて自分で買って良いんですね。

個人情報とかセキュリティ面とか大丈夫なのか心配になりますけど、勝手に選べるのは利用者側としてはありがたい話でいい大学です。しかも20万円と高額ですし。

 

それだけあるなら、スペックは要求されないとはいってもそこそこ良いゲーミングノートパソコンを買えるなと思ったので、一応重さについて確認します。

f:id:hardshopper:20210513174421p:plain

 

まとめると、弟の求めているノートパソコンは下記の通りです。

  • 予算20万円
  • ゲームができる
  • 画面は大きめ
  • 重さは気にしない

 

というわけで、これで良いノートパソコンを探していきます。

 

 

【ノートパソコンの選び方】CPU、メモリ、ビデオチップ、解像度は高めがオススメ

 

さっそく価格.comで条件を入力していきます。

僕がいれた条件は下記の通り。

f:id:hardshopper:20210513174900p:plain

  • 重さを気にしないとはいえ3kgまで
  • メモリは最低でも16GB
  • 解像度はWQHD以上

 

個人的にここのポイントは解像度です。

 

僕は長年MacBookを使っていますが、MacBookで最初に感動するのはその解像度です。

画面は13インチですけど解像度が高いので本当に美しいのです。

 

ノートパソコンのディスプレイならフルHDもあれば十分って人もいるかもしれないですが、比べてみたらその差は歴然だと思ってます。

大画面を求めているならなおさらです。

 

そんなわけで結果がコチラ、価格.comの人気順に並んでいます。

金額で絞り忘れましたが、1位を除いて20万前後なので候補として良さそうです。

f:id:hardshopper:20210513175127p:plain

 

ここから目視で候補を選びます。上から順に見ていきましょう

  1. 価格が予算を超えすぎているので除外
  2. 個人的には重すぎる気もしますが、条件は満たしているので候補
  3. 良いが価格同じでスペックの高い4があるので除外
  4. 条件を満たしているので候補
  5. 価格は安いがビデオチップが上4つから大分落ちちゃうので除外

 

というわけで、条件にあった中で2番目と4番目に人気のモデルを詳細に見ていきます。

 

いずれも少し20万超えてますけど、まぁ四捨五入したら20万円ですよ。

f:id:hardshopper:20210513175657p:plain

Lenovo 760を最安値で購入する(レノボ・ショッピング)

ASUS Zephyrus G15を最安値で購入する(Amazon)

 

まず、基本スペックを比較していきましょう。

f:id:hardshopper:20210513182723p:plain

実は上位5番目まで全てそうなんですけど、CPUがいずれもインテルではないんですよね。


全てAMDです。

 

インテルに唯一対抗できるライバル企業で、一時期大きな差をつけられていましたが、このRyzenというCPUの登場でその差を一気に縮めました。

 

「インテル入ってるのが良いんだろ?」って思ってる方は、そろそろ考えを改めたほうが良いらしいですよ。

PC自作界隈ではインテルよりも人気で、すでに秋葉原の一部のショップではシェアが逆転しているとかなんとか。

そういえば数年前に買った我が家のリビングPCもRyzenでした。

 

第4世代は現在最新のRyzenで、性能の良い順番に

Ryzen9 > Ryzen7 > Ryzen5 > Ryzen3

となっています。

インテルのCore iシリーズの番号とそのまま対応してます。

 

さて、ではこの2機種のCPUの性能を比較してみましょう。

 

クロック周波数(3.2GHz/3GHz)はRyzen 7のほうが高いですが、これはこのRyzen 9 5900HSが軽量モデル向けのCPUだからですね。

HのあとにSがついているのは軽量モバイルPC向けということです。

軽量モデル向けなので、発熱や消費電力(つまりバッテリーの保ち)はRyzen 9のほうが良いはずです。

 

CPUの性能を表すベンチマークを見てみましょう。

f:id:hardshopper:20210515031428p:plain

 

性能はそれでもややRyzen 9のほうがいいですね。流石です。 

CPUではASUS ROG Zephyrus G15に軍配がありました。

 

 

また、ストレージが容量1TBは同じですが表記が異なりますね。

 

が、これは表記が違うだけで詳細確認したら同じでした。

もしHDDとかになってたら読み込み速度が極端に違うので要注意です。(20万相当のPCでそれはないでしょうけど)

 

 

詳細スペックも見ていきます。 

まずはゲームするのに一番大事なのはビデオチップですね。

f:id:hardshopper:20210513182811p:plain

 

ビデオチップはいずれもノートPCとしては非常に高性能です。

 

ASUS ROG Zephyrus G15は2つのビデオチップが搭載されてますね。

 

精確にはCPUのRyzenにビデオチップが搭載されているはずなので、多分Lenovo Legion 760も2つのビデオチップが搭載されてはいるはずなんですが、ASUS ROG Zephyrus G15はそれを切り替えて使えるように作られてるのかもしれません。

 

切り替えられるメリットとしてAMD Radeon Graphicsは性能は低いが省電力なので、ゲームとかしないときはそちらで動作するんじゃないかって気がします。

 

とはいえ、いずれも最高のパフォーマンスで比較したいので、GeForce RTXのベンチマークを見てみます。

f:id:hardshopper:20210513182434p:plain

 

これは、Lenovo Legion 760に軍配がありますね。

しかしいずれもノートPCとしては悪くない性能な気がします。

 

 

つづいてはノートパソコンなので携帯性などを見ていきましょう。

重くて良いとはいえ、あまりに携帯性がないならデスクトップと同じですからね。

それならデスクトップ買ったほうが高性能で安いです。

 

【ノートパソコンの選び方】重さは?バッテリーの駆動時間は?USB PD対応?

 

では再度詳細スペックを見ていきます。

f:id:hardshopper:20210513182811p:plain

 

今回一番差がついてそうな駆動時間です。

 

価格.comには表記がなかったのですが個別に調べました。

f:id:hardshopper:20210515035337p:plain

 

もう、Lenovo Legion 760モバイルで動作させるつもりはないですね。

この違いは前述のCPUが軽量モデル向けであることや、ビデオチップが2つあることに起因してるのかもしれないですね。

 

ただ、Lenovo Legion 760は地味にUSB PD対応なので、巨大なモバイルバッテリーを持ち歩いていればタイプCの充電器で充電できるかもしれません。(充電が間に合わないかもしれないけど)

ASUS ROG Zephyrus G15 がUSB PDに○ついてないの残念だなって思って調べたんですが、対応していると書いている記事があったので、多分対応してます。

対応してないのはむしろ違和感があったので納得です。

 

 

また、地味にUSBのバージョンが違いますね。

 

USB3.1 Gen1は5GBps、USB3.2 Gen2は20GBpsです。

ASUS ROG Zephyrus G15のほうが4倍早いですね。

 

Bpsとはビットパーセカンド、つまり1秒間で何ビットのデータを送れるかという意味で、ビットはバイトの1/8です。

つまり、20G(ギガ)Bpsだと、1秒間に2.5GB(ギガバイト)のデータを送ることができます。

NetFlixの映画1本が標準画質で1GBくらいなので、USB3.2 Gen2だと1秒で2.5本映画が送れるくらいの速さということになります。

 

まぁあんまり気にしたことないですけど。 

 

 

そして重さです。

f:id:hardshopper:20210513182833p:plain

 

ディズプレイサイズがやや小さいとはいえ、やはりASUS ROG Zephyrus G15のが軽くていいですね。

 

さて、性能を比較すると今の所ASUS ROG Zephyrus G15が優勢な気がしますね。

多分僕ならこっちを買います。

 

最後にルックスを見比べていきましょう。

 

Lenovo Legion 760

Lenovo Legion 7 Gen 6 (16” AMD), front view, open

Lenovo Legion 7 Gen 6 (16” AMD), top left angle view

 

ASUS ROG Zephyrus G15

f:id:hardshopper:20210513183857p:plain

 

いずれもそこそこスッキリしてますね。

エイリアンみたいな形のゲーミングノートがある中ではさっぱりしてる方かと。

 

ただ写真だと分かりづらいですが、Lenovo Legion 760はそれっぽい色で光りそうですね。

これは好きずきなのでどっちでもいいですけど。

 

 

というわけで、弟がどっちを買うかはおまかせします。

好きな方を買ってください。

 

・・・と思ったら大変!

Lenovo Legion 760 は在庫切れみたいです!!

(オフィス付きならまだ売ってそうです、だいぶ予算オーバーだけど)

f:id:hardshopper:20210513190805p:plain

現在の在庫状況と同じシリーズの他モデルを確認する

 

こんだけ調べたのに意味なさすぎて泣ける。

まぁ在庫が戻ることもあるかもしれないので見てみてください。 

 

ASUS ROG Zephyrus G15は最安値がAmazonでまだ売ってそうですね。

ポイントも返ってくるのでお得です(特に会社が費用出してくれると考えると…

f:id:hardshopper:20210513185710p:plain

AMD Ryzen 9 5900HのASUS ROG Zephyrus G15 を購入する

 

あと、Amazonに色以外にCPUの選択肢がありました。

もし絶対に20万を超えては行けない場合は、Lenovo Legion 760が搭載していたのと同じCPUにすると20万円を切ります。

f:id:hardshopper:20210513191236p:plain

AMD Ryzen 7 5800HのASUS ROG Zephyrus G15 を購入する

これでもまぁ需要は満たしている気がします。

 

なお、オマケでもう一つ。

今回、最初に解像度でフィルタしてしまったわけですが、解像度はフルHDで我慢して、その代わりにメモリを32GBにする選択肢もありました。

性能は落ちますがCore i7にすれば価格も抑えられますしね。

f:id:hardshopper:20210513183646p:plain

f:id:hardshopper:20210513183618p:plain

 

ただ、メモリはどうしてもほしければ多分あとで差し替えられる気がします。

選んでる時間が一番楽しいので、ゆっくり選んでください。

 

以上でした、お役に立てたら幸いです。

 

20万円あるならアイリスオーヤマのパソコンが5台買えます。

hardshopper.hatenablog.com